医療用ヒルはお医者さん?!「リーチファット」で増大も可能!

医療用ヒルから抽出された特殊な酵素を使った増大オイル「リーチファット」。
前回紹介した「リーチオイル」の兄弟商品です。
こちらもリーチオイルと同じように特殊酵素「リーチ・エンザイム」を使い、ペニスにリーチファットを塗ることで血流を改善させペニスを増大させるオイルになります。

リーチオイルと何が違うのか、リーチファットの特徴は?といった視点で紹介していきましょう。

リーチファット

リーチファットの含有成分

リーチファットの主要成分を紹介しましょう。

  • 医療用ヒル

リーチファットの有効成分は医療用ヒル、他は天然成分としか記されていません。

ちなみにリーチオイルは定価6,800円。
リーチファットは定価9,800円となっています。

特殊酵素リーチ・エンザイムを使用していること、その他は天然成分で作られていること、ほとんど同じです。
しかし、製造メーカーは違うようです。
メーカーの詳細まで調査することが出来ていませんが、結果が分かり次第紹介していこうと思います。

リーチファットの医療用ヒルにはどんな効果が?

リーチオイルにもリーチファットにも使われている医療用ヒル。
特殊な酵素リーチ・エンザイムを含んでいて、ペニスに塗ると周辺の組織が血液代謝を高め、性欲が増し、ペニス細胞が大きくなります。

でも、医療用ヒルってそもそも何でしょう?
安全なのでしょうか?

ヒルは人や牛、馬など哺乳類の血を吸うイメージが強いですよね。
しかし、人の血を数ヒルは非常に少ないんです。
日本にいるヒルが60種類位いるのに対し、人の血を数ヒルは3種類ほどしかいません。
多くのヒルは魚や貝の血を吸っていると言われています。

そんなヒルを医療に使った研究が進んでいるんです。
ヒルは血液を吸う時に血液が固まるのを防ぐために、唾液の中にある特殊な粘液を分泌しています。
この粘液がヒルディンというもの。

ペプチドなどから構成されている成分ですが、このヒルディンには血液凝固を防ぐ役割があり、この物質を傷口に塗ると、傷の回復が早まる効果があるとされています。

この成分に着目して作られたのがリーチファットなのです。

ちなみにヒルは英語でLeech(リーチ)。
そこから名付けられてるんですね。
ただ、リーチファットもリーチオイルもヒルはヒルでも無菌で育てられた医療用ヒルを使っています。

田畑な田んぼ、川や沼地にいるヒルでは効果が無いですし、危険なので近づかないようにしてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト