誰でも簡単、引っ張り増大トレーニングって?

寝ながら、夜、布団に入ったままできる簡単トレーニングをご存知ですか?
その方法を私は「引っ張りトレーニング」って呼んでます。
その名の通り、ペニスを引っ張ってペニスを大きくする(長くする)方法です。
それでは具体的にやり方をご紹介しましょう。

引っ張りトーレーニングの7ステップ

1、布団に入ってもいいので、ペニスを出したまま仰向けになって寝る。

2、右手でペニスの根本と睾丸をまとめて握り、左手でカリの部分を握る

3、根本と睾丸を握った右手をグッと、お腹の方へ持ち上げる

4、カリを握っている左手を、ゆっくり限界まで引っ張り、20~30秒キープする。

5、ゆっくり戻して、今度は引っ張りながら時計回りに10回回す。

6、今度は反時計回りに10回回す

7、左に20~30秒ゆっくり引っ張り、上に20~30秒、右に20~30秒、
  下に20~30秒とゆっくり引っ張る。

痛みを感じない程度に、ゆっくりと、でも限界まで引っ張ることが重要です。

痛みを感じたり、急に引っ張ったりすると、ペニスの靭帯を傷つけてしまう恐れがあります。
トレーニングなので、自分の限界を確認しつつ行って下さい。

01_04_hipparu

引っ張ることでペニスが長くなるわけじゃない!

ペニス引っ張りトレーニングはペニスを長くしている訳じゃありません。
ペニスというのは下腹部から生えているものではありません。
睾丸の裏側の肛門辺りから伸びているんです。
なので、実際に見えているペニスというのは半分か3分の1程度しかないんです。
この埋もれているペニスを引き出すのが「引っ張りトレーニング」という訳なんです。

そもそも埋もれているのを引っ張っても害はないんでしょうか?
もちろんありません。
ペニスには「ワナ靭帯」と呼ばれる靭帯によって、体内に留まるよう固定されています。
ワナ靭帯がないと、ペニスが外に飛び出してしまいます。

このワナ靭帯を引っ張りトレーニングによって緩めてあげることで、埋もれていたペニスを体外に出し、ペニスを長くすることができる、という訳なんです。

実はクリニックなどの長茎手術も、このワナ靭帯を引っ張りだすことで長くしています。

寝たままで簡単にできるので、今晩から初めてはいかがでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト