心因性ED、心のアンチエイジングに効果ある「肓兪(こうゆ)」!

ペニス増大励んでいますか?

「増大の前に、勃起力が落ちて、精力が減退して、ED気味なんだよな、勃たないかもって焦っちゃうと、ますます勃たなくなるんだよな。」

そんな悩みを私の友人から時々聞きます。
このサイトはペニス増大に関する情報をお届けしたいと思い立ち上げたものです。
しかし、増大するよりも前に勃起力が落ちてしまっている、EDの予備軍である、なんて人の意見をよく聞きます。
EDの原因の多くは心因性のものです。
気が焦り、勃たないかもしれない不安を感じてしまうと、ますます勃たなくなるという悪循環。
しかし、このような方には「肓兪(こうゆ)」というツボを紹介させてもらっています。

この肓兪は心因性のイライラを抑えたり、対人恐怖症の不安を抑えたりする、心に効くツボです。
また、集中力を高めたい時に押すのも有効なツボです。

場所
おへその両脇にあります。
おへそから指の横幅1本分くらい、約1.5cm離れた所にあります。

肓兪

押し方
座った状態で、両手の中指か人差し指を肓兪の場所に当てます。
息を吐きながら5秒かけて、前かがみになりながらゆっくり押していきます。
その後、また5秒かけて、今度は息を吸いながら元の姿勢に戻ります。

肓兪の「肓」とは、体の中の隠れた部分を指していて、腹膜を意味しています。
そして「兪」は、気が注ぎこむための凹みを意味しています。

肓兪とは腎経の気が、胃から腹膜に深く入り込み注ががれるため、この名前が付けられたと言われています。

肓兪を押して渋さと若々しさを

年齢を重ねれば、体力も気力も落ち、性欲も失っていきます。
それが自然です。
しかし、「いつまでも若々しくいたい!」、「同じ年のアイツの方が若く見られる。」、「昔はもっと元気でお盛んだったのに」と嘆いていませんか?

年齢は取れば取るだけ、経験値を蓄えられるんです。
これは自分より若い人には出来ないことです。

年齢を重ねた渋みと経験にこそ魅力もあることを忘れないで下さい。

とは言っても、若いあの時の気力や精力を取り戻したい、そんな思いが生まれるのも自然なことです。
そんな時こそ肓兪なのです。

オススメの指圧法は毎日寝る前の5分間。
仰向けに寝た状態で人差し指、中指で肓兪の場所を指圧していきます。
5秒息を吐きながら押して、5秒息を吸いながら緩める、これを20回ほど行いましょう。

心のアンチエイジングに効く肓兪。
ぜひお試しを。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト