握るチントレがラクラクできちゃうケーブルクランプの秘密とは?

ケーブルクランプ

ペニス増大のトレーニングの一つに「握る」トレーニングがあります。
その名の通り、ペニスを握って血流をコントロールするトレーニングです。
やり方は以前紹介しましたが、ここでもちょっと解説しましょう。

  1. AV等を見てフル勃起させる。
  2. ペニスの根本をギュッと強く握り、ペニスへの血液を止める
  3. 亀頭がうっ血した状態になったら手を一瞬離してPC筋に力を入れる。
    (こうすることでペニスへ血液がガンガン流れるようになります。)
  4. 5分間握った状態をキープする
  5. 1分休憩させる

この1から5を2~3セットするのが、ペニスを握って亀頭や竿を太くするトレーニングになります。
しかし、この握るトレーニングにはある欠点が。
それは握っている手が疲れてしまうこと。
ペニスの血液を止めるので、結構な力で握らなくてはいけません。
そこで今回は、握るトレーニングがメチャクチャ楽になる、便利グッズを紹介します。

握るトレの補助器具ケーブルクランプとは?

ケーブルクランプってご存じですか?
ケーブルはそのままケーブルです。
クランプ(clamp)とは「きつく締める」といった意味があります。
ケーブルクランプとはケーブルを束ねる際に使う器具です。
ホームセンターなどで売っていて、1個200~300円で購入できます。

このケーブルクランプを握るトレーニングでどのように使うのか?
勘の良い方は分かっちゃいましたかね。

そう、ペニスの根本をギュッと握る代わりに、ケーブルクランプを使うのです。

でも、ケーブルクランプをそのままペニスに締め付けるのは危険です。
ハンカチなどの布をペニスに巻いてから、ケーブルクランプでペニスを締めましょう。
布が圧迫範囲を分散してくれるので、ペニスを痛める危険性が減ります。

このケーブルクランプを使った握るトレーニングであれば、ハンズフリーでチントレができちゃいます。

ただ、握るトレーニングはペニスや亀頭にかなりの負荷がかかります。

もし、違和感や痛みを感じたらすぐに止めるようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト