マラ師じゃない「ガガイモ」の「ラマシ」の増大効果を聞いてみた!

ガガイモのラマシ

ペニス増大、そして精力増強にも効果のある「ガガイモ」をご存知でしょうか?
ガガイモといのはガガイモ科の多年草で、芋ではありません。
九州以外の日本にも自生している他、東アジアやシベリアにも自生している植物です。
日当たりのいい場所に生息していて、夏から秋にかけて白色の花をつけます。
果実もあり、大きな紡錘形(ぼうすいけい:円柱の形で両端がとがっている、レモンのような形のこと)の実を付けます。
この果実が芋の形に似ていることからガガイモと名付けられたそうです。
成熟した果実からは白い毛をまとった種子が飛び出すのですが、この種子を「蘿摩子(ラマシ)」と呼びます。

このラマシがペニス増大&精力増強に効くんです。

マラ師じゃないラマシが効く!

ラマシは漢方の世界で古くから重宝されてきた植物です。
漢方専門店の店員さんに聞くと

ラマシはすさまじい勃起促進効果があります。
ガガイモの茎を見たことがありますか?
この茎は男性器を彷彿させるような形になってるんです。
茎を折ると、乳白色の汁が精子のように出てきますし、秋になるとできる果実のラマシは玉袋みたいな形ですよ。
正に、自然界の人間男性器って感じです。
中国や韓国ではかなり昔からペニス増大と精力アップに使われてますよ。」

と、言ってました。
ガガイモ、かなり形を見たくなる植物です。
実物は見たことないですが、写真では本当に男性器みたいでした。

ではこのガガイモとラマシ、そのまま食べてもいいんでしょうか?
答えはNo!
再び漢方専門店の店員さんに聞きました。

ガガイモは果実のラマシ、葉っぱ、茎、全て乾燥させて、すり潰して粉末状にしたものを煎じて飲みます。
そのまま食べちゃいけません。
茹でて食べることも可能ですけど、大量に食べると有害という話もあります。
なので、1日に3グラムから5グラムくらいを目途に煎じて飲むようにしてください。
ペニスへの血流が増えるのと同時に、成長ホルモンの分泌を促してくれるんで、ペニスの増大効果が期待できますよ。
あとは、精力が減退した人も、ガガイモの煎茶を1~2ヶ月も飲めば、ビンビンに復活すること間違いなしですよ。」

と言ってました。
ガガイモ、ラマシ、気になった方は是非チェックです。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト