チントレは夏?冬?○○な方がチントレの効果を上げてくれます!

季節

チントレ励んでますか?
このネタを書いている今は秋真っ盛りで、冬の足音が聞こえています。
ところで、チントレって暑い夏にした方がいいのか、寒い冬にした方がいいのか、どちらだと思います?

正解は夏。

(今の季節に書くネタじゃないんですけどね。)

なぜチントレは夏にした方がいいのか、それは温度と細胞の活性化が関係しています。

チントレを夏にした方がいい理由

なぜ、チントレを暑い夏にした方がいいのか、結論から言ってしまうと、気温が高い方が細胞分裂と増大を促進しやすいためです。
ペニスを増大させるには2つの点が重要にあります。

1、ペニスの海綿体細胞を増殖・増大させる
2、ペニスへ流れる血液量を増やす

特に1番の海綿体細胞によってペニスの大きさは変わってきます。
人の体はおよそ60兆個という細胞でできています。(最近の研究では37兆個という説も出ています。)
この数ある細胞のうち、多くは温度が高い時に細胞分裂・増殖・増大をしやすいというデータがあるそうです。
ペニスは陰茎海綿体と尿道海綿体でできています。
海綿体細胞にかぎらず人の体の細胞は、超回復という働きにより増強されます。
筋トレが一番分かりやすい例ですが、筋トレをすることで筋細胞にダメージを受け損傷します。
ダメージを受けた筋細胞は48時間~72時間かけて回復し、以前の状態より強い細胞に生まれ変わることを超回復といいます。

この超回復は温度が高い時のほうが活発になるという研究もあり、チントレに向いているのは夏のほうが良いのです。

現に、冬ってペニスが小さくなりがちですよね。
また、ペニスが大きい国別調査では、アフリカや南米、オセアニア地区がTOP10を独占しています。
やはり暑い国には巨チンを持つ人が多いのです。

冬でも効果的なチントレ方法!

では、冬の寒い間はチントレの効果が減少するんでしょうか?
そんなことはありません。
冬場でもペニスを温めてチントレを行えば、夏場と同様の効果を得ることができます。

ペニスが温まる場所といえば・・・そう、お風呂です。

シャワーではなく、湯船に浸かってチントレをするのが一番です。

ペニス増大器具の中には、お風呂で使用するものをあります。
ペニスを温めることで血流が良くなるため、細胞の増殖と、血流の改善を一度に行えるのです。

寒い冬場はお風呂を使ってチントレに励みましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト