お尻とふくらはぎが硬い?そんな人は「臀中(でんちゅう)」押し!

臀中

普段の生活で運動不足になってませんか?
デスクワークが多かったり、外出する機会が少なかったり、体を動かさないと足が冷えやすくなります。
体全体というのは血液の循環によって温まります。
しかし、足だけは足の筋肉によって血液の循環がなされます。
そんな足の冷えがある方は特に、ペニス増大には不向きな体になっています。
足の冷えに効果があり、ペニス増大を促進してくれるのが「臀中(でんちゅう)」というツボです。

場所
お尻の少し上にあるのが臀中です。
コリや痛みを感じたらそこがツボ。
座った時に、お尻の下で飛び出している骨と、両脇の太ももの付け根とを結んだ線上にあります。

押し方
お尻にあるツボのため、自分一人でやる場合は野球のボール(軟式ボール)を使うと良いでしょう。
仰向けに寝て膝を立て、ボールをお知りの下に入れます。
ゴロゴロ転がして痛みがある場所を探し、臀中が見つかったら、腰を左右に動かして指圧します。
片方のツボを30秒くらいずつやりましょう。

「臀中(でんちゅう)」は、梨状筋(りじょうきん)というお尻の筋肉と、ふくらはぎの筋肉のコリをほぐして、下半身の血行を改善してくれるツボです。

梨状筋とは股関節を回したり固定したりする筋肉です。
正常な状態の梨状筋というのは、非常に柔らかいのですが、運動不足などで下半身を動かしていないと、梨状筋が硬くなり、坐骨神経に悪影響を与えます。
つまり、梨状筋が硬くなり、坐骨神経が圧迫されると、下半身の血の巡りが悪くなり、ペニス増大を妨げる原因になってしまうのです。

お尻やふくらはぎの筋肉が硬くなりなったら臀中押し!

運動不足もお尻の梨状筋やふくらはぎの筋肉を硬くする理由の一つですが、最も硬くする理由の一つは老化です。
しかも、30代から始まります。
運動不足や加齢によって、筋肉の回復スピードというものが遅くなります。
固くなった梨状筋やふくらはぎの筋肉を放おっておくと、下半身の冷えに繋がります。

これは下半身、股間周りにも血が巡ってない証拠。
ペニス増大には下半身の血行が重要です。

お尻周りやふくらはぎの筋肉が硬くなってたり、足の冷え性などの症状がある人は臀中を指圧するようにしましょう。
そうしないとペニス増大は叶いませんよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト