増大サプリで効果に個人差が出る2つの理由とは?

個人差

「増大サプリを飲んでるのに、全然効果ない!」と悩んでいる人は多いと思います。
サプリメントは医薬品ではなく、食品です。
野菜や肉と同じ扱いです。
そのため、効果にも個人差があります。
増大サプリを飲んでもペニスが大きくならない人は、今の健康状態を確認した方がいいでしょう。

ペニス増大には健康状態が大事

ペニス増大は日々の健康によって叶えられます。

言い換えると、増大サプリの成功率を上げるには、日々の健康によるのです。

ネットや私の周りに増大マニアがいます。
色々なサプリを試したり、チントレと組み合わせたり、食事に気を使ったり、ツボを押してみたり・・・ペニスを大きくするためだけに人一倍心血を注いでいる増大マニア。
そんな増大マニアが一番気を使うことこそ、日々の健康なのです。

そもそも、増大サプリには体を健康にするための成分が配合されています。
これはまず、体の健康を取り戻してから、ペニスを増大しやすい体に変えていくためです。

ペニス増大のためには、ペニスを構成している細胞を増やし大きくする「海綿体細胞の増殖」と勃起時にペニスへ流れてくる血液量を増やす「血流の改善」が必要です。

海綿体細胞の増殖は、日々の食事で効率的にアミノ酸を摂取していたり、深く良質な睡眠をすることで、成長ホルモンや男性ホルモンが分泌され、細胞増殖を活性化させてくれます。
食事や睡眠をしっかり取ることが大事なんです。

また、血流の改善には血液がサラサラの状態でないといけません。
ドロドロ血液では血流が滞り、さらに血液をドロドロにする悪循環になります。
サラサラ血液を作るためには、日々の食事でバランスよくアミノ酸を摂る、適度な運動、タバコをやめる、深酒をしない、といったことが大事になってきます。

日々の食事や運動、睡眠といった当たり前のことがしっかりできていれば増大サプリの効き目も出やすいでしょう。
ペニス増大サプリを飲んでも効果に個人差があるのは、人によって健康状態が違うからなのです。

年齢による増大率

残念なことに年齢によっても増大サプリの効き目は違ってきます。
先にも言ったようにペニスを大きくするには「海綿体細胞の増殖」と「血流の改善」が必要です。

年をとると成長ホルモン、男性ホルモンの分泌が減ります。
そのため、海綿体細胞も増殖しにくくなります。

また、年齢を重ねると血液がドロドロになりやすいです。

これは内臓の働きが低下したり、体力がなくなるため運動不足になったり、と原因は様々です。

年をとっても若い人はいます。
こういった人は日々の健康管理ができている人でしょう。

ペニス増大サプリの効果を実感しやすいのは20代から30代までと言われています。
増大サプリでペニスを大きくしたいなら若いうちですよ!

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト