ペニスを大きくしたいならツボの押し方のコツ5つを抑えよう

ツボ押しのコツ

ツボ押しは血行改善には効果的です。
ペニス増大にとって血行は命。

ツボを刺激すれば、下半身の血行や、股間周りの血行も良くすることができます。

しかし、ツボ押しには適切なツボの押し方というのがあります。
ただ単にグリグリ押すだけ、強く押すだけ、弱く押すだけ、といった押し方ではツボ押しの効果も半減してしまいます。

そこで今回はペニス増大に効果的なツボの押し方を伝授いたしましょう。

ツボ押しのコツはこの5つ

ペニス増大にのために血行を良くするツボの押し方のコツは5つです。

1、少しだけ強めに押す
2、ゆっくり焦らず押す
3、1回で10回くらい押す
4、押すタイミングと呼吸を合わせる
5、リラックスした状態の時に押す

この5つを詳しく見ていきましょう。

1、少しだけ強めに押す

ツボ押しは弱く優しく押しても効果はありません。
逆に、痛みが激しいくらい押しても、かえって体を壊してしまいます。
力加減はツボの場所や体質によって違って来るため、非常に難しいところです。
目安としては、強すぎず、弱すぎないくらい。
ツボを押して、ほんの少し痛みがあるくらいに押すのが効果的です。


2、ゆっくり焦らず押す

ツボはギュッギュッと短い間隔で押しても意味がありません。
ゆっくり焦らず押すのがポイントです。
具体的には5秒間隔。
1回押すのに5秒かけてゆっくり押し込んでいき、また5秒かけてゆっくり離す、この1回押すのに10秒くらいかけるのが理想的です。
焦らずゆっくり押しましょう。


3、1回で10回くらい押す

1つの場所のツボを50回も100回も押しても意味がありません。
ツボの刺激し過ぎは体の異変に繋がります。
1つのツボを押す回数は10回くらいがちょうどいいです。
5秒かけて押して、5秒かけて離す、この10秒1セットで1回、これを10回繰り返す。
約1分半から2分くらいです。
いくら気持ちよくても1つのツボは1日10回までにしましょう。


4、押すタイミングと呼吸を合わせる

最近の筋トレもそうですが、力を入れる時に息を吐きながら行うのがコツです。
ツボ押しの場合、押すタイミングで息を吐きます。
そして、息を吸いながらゆっくり離していく、これがコツです。


5、リラックスした状態の時に押す

ツボ押しは身体がリラックス状態にある時ほど効果を発揮します。
特にいいのは風呂あがり。
体が温まり、血行も良くなった状態でツボを押すことで、さらに血行が良くなり、ツボ押しの効果も上がっていきます。


このようにツボ押しのコツ5つを紹介しました。
ペニス増大のためには欠かせないコツなのでぜひ実践してみましょう。

私が実践したツボ押しの体験談は下記のリンクからご覧いただけます。

   (サイト内の別ページに移動します。)

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト