とにかく歴史が深い「新宿ウエストクリニック」の魅力とは?

新宿ウェストクリニック

新宿は西新宿にある歴史のある「新宿ウエストクリニック」。
1986年に開院しているため約30年近い歴史を誇ります。
しかもホームページは1998年から公開されており、ホームページの歴史も深いものがあります。

新宿ウェストクリニックに増大手術はありません。
しかしながら、ED治療には長年の歴史があります。

バイアグラ治療は16年以上、世界最大手の製薬会社ファイザー社のプロペシアは10年以上の治療実績があります。

そのためED治療専門のクリニックとして名を馳せています。

「ペニスを大きくしたいんだけど、新宿ウェストクリニックに増大手術はないの?」
と思っているかもしれませんが、確かに新宿ウェストクリニックに増大手術はありません。

ちょっとココは小休止で、新宿ウェストクリニックのおもしろED診断を受けてみてください。

新宿ウェストクリニックのED診断

新宿ウェストクリニックはED治療専門のクリニックで、30年以上の歴史を誇り、ホームページも20年近くの歴史を持っています。
そのため、ホームページにはEDに関する役立つ情報が満載です。

中でも勃起の硬さを測るための「勃起硬さスコア」は見ものです。
これはアメリカでEDの自己診断用にと開発されたもので、0~4段階で勃起の硬さのグレードを判定し、アナタがEDかどうかを見極めるために使用されます。

0~4の段階とは、

  • グレード0:ペニスが大きくならない。
  • グレード1:ペニスは大きくなるが、硬くならない。
     (硬さのイメージ:こんにゃく)
  • グレード2:ペニスは硬いが、挿入できるほど硬くない。
     (硬さのイメージ:みかん)
  • グレード3:挿入するのに十分な硬さがあるが、完全には硬くない。
     (硬さのイメージ:グレープフルーツ)
  • グレード4:ペニスは完全にバッキバキに硬くなっている。
     (硬さのイメージ:りんご)

この5段階によって決められています。

硬さを身近な食べ物で表現してるので分かりやすいですね。

グレード0~2はEDの可能性が高いです。
グレード3でもED予備軍と言えます。

ペニス増大に勃起時の硬さは重要です。
これを機会にアナタがEDかどうかを見極めてはいかがでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト