ストレスを和らげる「オルニチン」の多い食べ物はこの3つ!

オルニチン

ペニス増大には健康的な勃起が必要不可欠です。

しかし、最近の成人男性は4人に1人がED(勃起障害)に悩んでいたり、4人の内3人はED予備軍と言われています。
EDの原因は様々ですが、最も多いのが心因性のもの。
心因性のものでも多いのがストレスによる勃起障害です。
ストレスは勃起を妨げる厄介な敵です。
その敵をやっつけるために有効なのが、「オルニチン」なのです。

オルニチンの驚きべき効果

オルニチンはアミノ酸の一種で、肝臓で有害物質を解毒して、ストレスの軽減、睡眠の質の向上が図れます。
オルニチンの特に優れたところは、睡眠の質が向上するところです。
睡眠の質が改善されれば、前日からの疲れをスッキリと取り、疲れが翌日に残らず、ストレスからの回復が早くなると言われています。
就寝前にオルニチンを摂取すれば、入眠、睡眠の維持、起床時の眠気などが改善されるという効果も実験によって実証されています。

また、オルニチンには自律神経に働きかける作用もあります。

そのため、不眠などの睡眠障害が発症しにくくなり、寝付きが良くなり、深い眠りになりやすくなります。

それがストレス回復を早める効果になっているのです。

オルニチンが多い食材・料理

オルニチンが多く含まれる食材を紹介していきましょう。

しじみ

オルニチンといえば「しじみ」と言われるくらい、オルニチンの代表食材です。
しじみには100gあたり10~15mgのオルニチンがv含まれています。
おすすめの料理としてはやっぱり、しじみ汁ですね。
ストレス軽減して、勃起しやすくなりますし、飲み過ぎたあと、二日酔いの時に飲むと、気分が良くなりますよ。


えのきだけ

しじみと同じくらいの含有量を誇る「えのきだけ」。
100gあたり12mgほど含んでいます。
お味噌汁に入れても良し、鍋料理に入れても良し、炒めても良し、ベーコン巻きにしても良し、といろいろな調理法がありますね。
しじみ汁の中にえのきだけを入れてしまえば、オルニチンオールスター味噌汁の完成です。


マグロ

しじみ、えのきだけと並んだので、意外かもしれませんが「マグロ」です。
マグロには100gあたり2~7mgのオルニチンが含まれています。
刺し身も良し、寿司も良し、鉄火丼にしても良いですね。
特に書く今日はマグロ料理で決まりです。


このようにオルニチンを含んだ食材・料理は複数あります。
しかし、最も効率よく摂取できるのはサプリメントです。
そのオルニチンを効率よく摂取するには

   (サイト内の別ページに移動します。)

のページの情報が役立ちます。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト