ツボ押しはいつ?どこで?どんな力加減で?指圧時間は?

力加減,指圧時間

ツボ押しは、誰でも、どこでも、いつでも簡単に行えるペニス増大法の一つです。

しかし、簡単だからこそ奥が深く、正しいツボの場所、正しい力加減、適切な指圧時間などを知ることは相当の熟練度が必要になってきます。

整骨院やマッサージ店では専門の知識を持った専門家が指圧してくれるので、気持ち良くなれるのです。

ちなみにツボの場所は1年の日数と同じ365個あると言われています。
これらを全部覚えるなんて不可能ですし、面倒ですもんね。

ツボの場所は当サイトで色々紹介していますので、そちらを参考にしてくれれば良いのですが、どのくらいの力で押すのが良いのか、どのくらいの時間押したら良いのか、というのは非常に難しいところです。
今回はこのツボ押しの極意ともいえる、力加減、指圧時間について紹介したいと思います。

ツボ押しの力加減と最適な指圧時間は?

まず力加減からです。
ツボ押しする時は、一気にグッと力いっぱい押すのではなく、ジワジワとゆっくり押すように心がけましょう。
指で押す場合、指にだけ力を入れるのではなく、指の腹全体、もしくは手全体の力を使って、徐々に力を入れていきます。
弱すぎても効果がありませんし、強すぎると「もみ返し」と呼ばれる、筋肉や筋繊維を損傷して炎症を起こす症状が起こってしまいます。

ちょうど良い力加減というのは、痛いと思う一歩手前、痛いのと気持ち良いのが同居した状態「痛気持ち良い」くらいの力で押すのが最もベストです。

分かりずらい表現になってしまいましたが、これはある程度経験を積めばちょうど良い力加減が分かると思います。

続いて指圧する時間ですが、1ヵ所約5分を目安にしましょう。
指圧するポイントとしては、グッと痛気持ち良いくらいになるまで3秒から5秒くらいかけてゆっくり押し込んでいきます。
この時、息を吐きながら押すのが効果的です。
そして、3秒から5秒くらいかけてゆっくり緩めていきます。
緩める時は息を吸いながら緩めましょう。
この繰り返しを1つのツボで5分ほど行います。

また、ツボ押しをする時はリラックスできている環境で行うようにしましょう。

緊張感が高い状態や集中力が高い状態では、あまりツボ押しの効果を発揮しません。
「○○ながら」押しのツボ押しはあまりオススメできません。

お風呂に入っている時や、休息している時間帯にツボ押しを実践してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト