猛毒コブラバイパーから抽出した「蛇青錠」の効果とは?

蛇青錠

男性のあらゆる性に関する悩みを解消してくれると話題の「蛇青錠(だせいじょう)」。
短小はもちろん、先細り、ED、性欲減退、中折れ、勃起力低下、持続力低下などなど、性に関する悩みの人にオススメのサプリメントです。
蛇青錠はペニス増大サプリメントとして製造されています。
しかしながら、EDや精力減退にも効果があると言われている蛇青錠。
どんな特徴があるのか見ていきましょう。

蛇青錠の成分紹介

蛇青錠の含有成分を紹介していきましょう。

  • コブラ
  • ウミヘビ
  • シトルリン
  • アルギニン
  • マカ
  • ガラナ
  • オルニチン
  • カルニチンフマル酸塩
  • セルロース
  • ステアリン酸カルシウム
  • 微粒酸化ケイ素
  • ランイラン香料

12種類の成分が配合されています。

蛇青錠は特に、幻のコブラと呼ばれているコブラバイパーというコブラの一種に含まれる、「スペルミン」という成分をメインに調合したサプリメントになります。

コブラバイパーとは世界最強の猛毒を保有していると言われる蛇の一種で、絶滅危惧種に認定されています。
そんなコブラバイパーに含まれる「スベルミン」。
スベルミンとは、精液に含まれる成分で、精液の匂いの元となっている化合物です。
スペルミンはサプリメントにするには商品化が難しいとされていました。
蛇青錠はこのスペルミンを何とか商品化しようと、試行錯誤の末、生物機関などへの協力を経て、商品化に至りました。
蛇青錠はスペルミンを100%熟成させ粉末化に成功しています。
その他にもアルギニンやシトルリンといった定番のアミノ酸、その他栄養素をサプリメントに凝縮しています。

蛇青錠の増大効果とは?

蛇青錠は大量のスペルミンを含んでいます。

スペルミンはが細胞分裂を活性化させて、海綿体の内部で、細胞の復活と死滅を繰り返し、ペニスのサイズアップを実現するようできています。

アルギニンなどの定番のアミノ酸は9種類配合されています。
男性ホルモンの分泌を促進させてペニスの竿だけでなく、亀頭にも血液が行き渡るよう作られています。
このため、ペニス全体のサイズアップが可能になるのです。

蛇青錠(だせいじょう)、気になった方は公式サイトをチェックしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト