亀頭増大手術で注入するコラーゲンって何?

亀頭増大手術で用いられる「コラーゲン」
肌を綺麗にしてくれる効果があるので女性にとっては馴染み深い成分ですが、俺達男にはあまり縁のない成分ではないでしょうか。
でもこのコラーゲン、関節の痛み、血行促進にも効果があるって知ってました?
コラーゲン入りゼリーやドリンクと、健康にも良いとされるコラーゲンの秘密に迫ります。
もちろん、コラーゲンの亀頭増大手術の詳細もお伝えしますよ。

04_07_koragen

コラーゲンってそもそも何?

コラーゲンとはタンパク質の一種です。
体の中にはたくさんのタンパク質が存在していますが、そのタンパク質の30%を占めているのがコラーゲンになります。

体内にあるコラーゲンは40%が皮膚、20%は骨や軟骨、その他の40%は血管や内臓に広く分布しています。

ところで、コラーゲンは皮膚や骨・軟骨に存在しており、「食べたら健康になれる!」「美肌になる!」と知られているかもしれませんが、コラーゲンを食べても美肌や健康になれるという、科学的な根拠はありません。
コラーゲンとはそもそもタンパク質であり、アミノ酸でできています。
タンパク質が体に入ると、アミノ酸などの小さい分子に分解されて体内に吸収されます。
コラーゲンも同様にアミノ酸に分解された後、体内が吸収します。
この吸収されたアミノ酸が一部はコラーゲンに、その他は違う物質となって体内に吸収されるため、「コラーゲン入り健康食品」などとうたわれている商品が、体内でコラーゲンとして吸収されるかどうかは定かではないのです。

コラーゲンが入っているからといって健康になったり、美肌になれるわけではありません。
重要なのはバランスです。

栄養、運動、休養のバランスが健康と美肌、そして健康的な勃起力を育むのです。

亀頭増大手術「コラーゲン手術」の特徴は!?

亀頭増大手術に用いられるコラーゲン。
その効果は、亀頭の増大、亀頭が刺激に強くなる、早漏の改善などがあります。
体内に存在する成分なので、副作用などがほとんど無く、かなり安全性の高い手術といえるでしょう。
しかし、体内に存在する成分のため、亀頭にコラーゲンを注入するとその周りの組織に吸収されていきます。
そのため、効果は長くても1年くらいです。

ヒアルロン酸注射と同様、副作用の心配がない、値段も安いというメリットがありますが、効果は1年くらいとかなりでかいデメリットもあります。

手術をする場合は費用対効果を慎重に検討しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト