4つのオリジナル療法が人気のペニス増大長茎術革命

ペニス増大長茎術革命

新宿御苑前にクリニックを構える「ペニス増大長茎術革命」。
今までにない増大手術としてジワジワ人気が出てきています。
新橋に2号店も構える予定になっています。

ペニス増大長茎術革命は、平均的に20回の施術で、陰茎を長さ2.5cm以上、太さ5mm以上の達成を目指しています。

施術時間は約60分。

ペニス増大長茎術革命は4つの施術メニューがあり、それぞれ、赤外線療法、ツボ・経絡療法、吸引機療法、スチーム療法となっています。
今までの増大手術にはない見慣れないものが多いですね。

それぞれどんな手術内容なのか、詳しく解説していきます。

赤外線療法

下腹部を赤外線ヒーターで温めます。
下腹部の血行を良くして、ペニスの海綿体細胞の血液循環を促進させる治療法です。
赤外線療法は、ツボ・経絡の施術郊果を高める効果もあります。

ペニス増大長茎術革命が赤外線を使う目的はもう一つあります。
それは、患者のペニスサイズを正確に把握すること。
経験あると思いますが、ペニスは冬は小さくちじこまっていることが多いですよね。
そのため、冬でも赤外線を当てることで正常なペニスサイズを把握することができます。

ツボ・経絡療法(指圧+電気マッサージ器)

腹部や背中、腰、膝、足や腿、リンパなど、多数のツボや経絡を指圧と電気マッサージ機によって刺激し、血行改善を促進させる治療です。
指圧によって、3つの経脈を解放します。
そして、睾丸につながる12本の地筋を開通させるよう指圧していきます。

ツボ・経絡療法は男性ホルモンのテストステロンの分泌を促進させ、陰茎動脈を活性化させます。
その結果、海綿体細胞を活性化することが可能になります。

吸引機療法

真空吸引によって内陰茎を引き出す療法です。
ペニスの根元の脂肪と筋を柔らかくし、毛細血管を充血させます
ペニスを構成している海綿体細胞を活性化させて、ペニスの増大を促進します。
施術内容によっては亀頭の増大も可能になります。

スチーム療法

吸引機療法とセットで行います。
吸引療法後、スチーム機によりペニス全体にスチームをかけ、除菌と消炎を行います。
これにより、免疫機能を高めて、新陳代謝を改善し、血行促進になります。


独自の両方で人気を得ている「ペニス増大長茎術革命」。
気になった方は公式サイトをチェックです。

   (サイト内の別ページに移動します。)

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト