小さい体に宿る「ゴマ」の3大パワーで勃起力アップ!

「ゴマ」それは小さい巨人の如き存在です。
黒ゴマ、白ゴマ、金ゴマなどいろいろな種類が存在しています。
最近テレビでもゴマに含まれるセサミンなどが注目を集めていますが、精力アップにもゴマは欠かせないのです。

05_07_goma

ゴマパワーその1、ビタミンB1で性欲アップ!

ゴマにはビタミンB1を多く含んでいます。

ごまに含まれるビタミンB1には脳内物質の代謝を促進させる働きがあり、精神安定、情緒安定を促してくれます。

勃起とは脳が受け取った性的刺激により、ペニスへと血液を送り込むことで起きます。
脳の働きが正常でない時やストレスを多く感じている時などは、性的刺激を脳が正常に受け取れず、勃起不全を引き起こします。
そのためゴマのビタミンB1で脳の働きを正常に保つ必要があるのです。

ゴマパワーその2、ビタミンEでコレステロールを除去

ゴマに含まれるビタミンEは血管の壁に溜まってしまうコレステロールをキレイに掃除してくれる働きがあります。
血管の壁に溜まるコレステロールは動脈硬化を引き起こす原因にもなります。

ゴマのビタミンEはコレステロールを分解し、悪玉コレステロールを減らしてくれます。

その結果、血液の流れが良くなり、勃起パワーも上がるというわけです。

ゴマパワーその3、忘れちゃいけないセサミン

ゴマにはゴマ特有の抗酸化成分で「ゴマリグナン」というものがあります。
ゴマリグナンには老化現象を引き起こす活性酸素から体を守ってくれる抗酸化作用があり、肝臓の機能を正常に保ったり、コレステロールの上昇を抑える効果などがあります。
その他にも二日酔い防止、アレルギーの改善、血圧低下などの効果もありますが、脂質の代謝促進効果があるのでダイエットにも有効です。
そんなゴマリグナンに多く含まれているのが「セサミン」です。
実はゴマのほとんどは脂質でできています。
そんなゴマの1%にも満たない割り合いでセサミンが存在しています。

そんなセサミンには老化防止、肝機能の向上、悪玉コレステロールの増殖を抑える、血管障害の改善といった効果があります。

しかし、ゴマ1粒のわずか1%しか存在しないため、効率よく摂取するにはやはりサプリメントが一番でしょう。

このようにゴマには小さな体に底知れないパワーがあるのです。
ゴマを食べて血行改善し、勃起力向上を目指しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト