チントレでペニスが大きくなる?メリットとデメリットは?

チントレのメリットしては、やっぱり自宅で手軽にできるという事が上げられますよね。
スクワットやPC筋のトレーニングであればちょっとのスペースがあればいつでもどこでもできますからね。
わざわざスクワットまでしなくても、例えば駅やオフィスビルの階段をエレベーターを使わずに脚で上る、なんて方法でも下半身の筋肉は鍛えられますよね。

工夫次第で筋トレはいつでもできるのです。

ジェルキングやミルキングなどのペニスを丸出しにして、手で触るものについては、お風呂に入った時などに行う事ができます。
特にこれらのトレーニングは手やペニスが清潔な状態でないと、感染症にかかる場合があるので、浴室で行ったほうが望ましいと思います。

01_08_ofuro

チントレのデメリットとは?

ではチントレのデメリットとは何でしょうか?

一番のデメリットは効果が出るまでに時間がかかるのでモチベーションを維持することが難しいことです。

ペニスを大きくして、彼女を喜ばせたいという熱い想いがあると、どうしても早く結果を出そうと焦ってしまいますよね。
でもチントレを頑張ってペニスを大きくする為には、短くても3ヶ月以上毎日継続する必要があるのです。
ダイエットでも何でもそうですが、すぐに結果は実感できないのです。

ではどうやってチントレを継続するかというと、「メンタルコントロール」をすることです。
メンタルコントロールと言うと大げさですが、

  1. 目標を明確にし(ペニスを3センチ大きくする、彼女にセックスでこういう反応をしてもらえるようになるなど)
  2. 無理のない計画を立て(1ヶ月のうち20日は1キロ走る、2ヶ月でペニスを1センチ大きくするなど)
  3. 実行する環境を整える
  4. 経過を記録し、計画と比べ、必要であれば修正する というプロセスが必要になってきます。

何やらビジネスセミナーのようになってきましたね。
③の実行する環境を整えるという点では、継続できるような工夫が必要になってきます。
例えば1か月間トレーニングを計画通りにこなせたら、ご褒美としてクイックマッサージに行っても良い、みたいな事が必要になってくるかもしれません。

あとトレーニングを始める季節も大切です。
秋にチントレを始めた場合、最初の数か月は気温もまだ温かいので良いのですが、次第に寒くなってくると、動くのが億劫になってきたり、浴室でのチントレが辛くなったりするでしょう。

そうであれば、チントレは春先から始めた方が良いかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト