ガラナがペニス増大に有効な2つの理由

ガラナ

今日はなかなか、日本の食卓では食べることがない「ガラナ」について紹介したいと思います。
ペニス増大サプリや精力剤で最近よく見かけるようになったガラナ。
どんな植物なのでしょう。

ガラナは、ムクロジ科のガラナ属というつる植物です。
南米はブラジルのアマゾン川流域が原産の植物で、現地の人は昔から種子の部分を薬用として使用していました。

ガラナの種子にはコーヒーの3倍以上のカフェイン、タンニンなどが含まれています。

これらをアルコール抽出したエキスには疲労回復効果、強壮効果、鎮痛効果、解熱効果などがあるとされています。
そのため、サプリメントに多く利用されているのです。

ガラナに含まれている成分

ガラナには、タンニン、サポニン、テオブロミン、カフェイン、テオフィリンといったアルカロイド類の成分が含まれています。
ガラナのカフェインにはテトラメチルキサンチン、キサンチン、テオフィリン、テオブロミンなどが含まれています。
特徴はカフェインと似ていて、その作用はカフェインよりも持続効果が長く、穏やかに効きます。

そんなガラナは鎮痛剤や興奮剤の用途に使われることが多く、他にも頭痛、下痢、片頭痛の治療にも使われています。
最近では、ガラナ配合のチョコレートもよく見かけます。
これは強壮剤の一種として販売されています。
また、炭酸飲料でもガラナ配合のものが見られます。
他にもガムやタブレットにもガラナ入りのものが。
結局、色んなところでガラナを見かけることもあれば、食べることもあるんです。

ガラナの増大効果は?

ガラナに直接的なペニス増大効果はありません。
しかし、2つの増大につながる効果があります。

運動能力を向上

ガラナのカフェインには脳を刺激して集中力を高め、精神を覚醒させる効果があると言われています。
脳にはアデノシンという神経伝達物質があり、脳細胞がアデノシンを受け取ると興奮を抑制してしまいます。
しかし、ガラナに含まれるカフェインはアデノシンを受け取る受容体になります。
そのため、脳に行くはずのアデノシンはカフェインに吸収され、興奮状態が続くようになるため、運動能力を高めるという研究結果があるのです。

セックス時の疲労回復効果

年を取ると、セックス時の動きに疲れを感じることもおいです。
これは筋肉の衰えや、血流の悪化によるものです。
血流が悪いと酸素やエネルギーが体内を循環せず、だるさや疲れを感じてしまいます。
ガラナにはガラニンやカフェインが入っていて、これらが血液を送り出す心臓のポンプの働きを高めてくれる効果があります。
そのため、セックス時の血流を改善させてくれて、疲労を感じにくくなったり、勃起の持続力を上げてくれる効果もあるのです。

気になった人はガラナ入りのチョコや飲み物を食べてみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト