術後は○ヶ月も性行為禁止!?ダウンタイムを検証

ダウンタイム

ペニス増大手術を受けるとなると、気になるのが手術を受けた後のことです。
特に、手術痕が残ったりしないのか?ペニスを見た時に手術を受けたことがバレるようなことはないのか?手術後の生活は普通通りに送れるのか?
手術を受けるのはあくまでもペニスを大きくするためであり、ペニスを大きくすること自体が目的ではないはずです。
真の目的は、男として自信をつけたい!とか、女の子にモテたい!とか、女の子を満足させたい!等ではないでしょうか?

そのため、手術を受けることが目的ではなく、大事なのはその後の生活、というか性生活。

手術後に健全にSEXに励めるかどうか、これが一番重要なので、手術を受けた後、どのようなことが待っているかを検証したいと思います。

埋没陰茎長茎手術後は?

お腹に埋もれているペニスを引っ張り出すことでペニスを長くする埋没陰茎長茎術。
恥骨とペニスを繋いでいる靭帯を切断したり、緩めたりすることでペニスを引っ張り出すのですが、手術の方法として、下腹部にメスを入れるパターンと、下腹部を切らずに特殊な糸を挿入するパターンがあります。
どちらのパターンもペニスの付け根あたりに傷が残る可能性があります。
メスできる場合は、3日間ほど切った箇所にガーゼを当てておかないといけません。

陰茎・亀頭増大手術後は?

亀頭もしくはペニス全体にコラーゲンやヒアルロン酸、自分の吸引した脂肪などを注入し、ペニスを太くする手術です。
注射で注入するため、体を切るようなことはありません。
そのため、残る手術痕としても注射後ぐらいで目立つことはありません。
ただ、手術後は2~3日、包帯を巻いておかないといけません。

増大手術共通のダウンタイム

ダウンタイムとは、手術後、通常の生活に戻れるまでの期間のことを言います。
長茎術にしろ、増大術にしろ、共通して手術後に行えないことがあります。
まず、入院は不要ですが、抜糸や経過観察のため通院は必要になります。
シャワーは手術当日からOKですが、患部を濡らさないよう注意されます。
入浴は術後2週間からが基本です。
運動は激しいものは1週間以上経過しないとNG。
アルコールは手術当時から1~2日は控えるように言われます。

そして、性行為。
これが1カ月以上は禁止となっています。
これ厳しいですね。

このように、増大手術はある意味、手術後の生活の方が大変なのです。

   (サイト内の別ページに移動します。)

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト