ペニス増大に悪影響な間違った5つのオナニーの方法

間違ったオナニー

前回までオナ禁には色々な効果があるとお伝えしましたが、オナ禁でペニス増大はできません!!!
これは断然します。
ペニス増大のためにオナニーは必須です。

しかし世の中にはただ射精だけを目的とした間違ったオナニー方法がはびこっています。

ペニスを大きく成長させたいなら、今までの間違ったオナニー法とは決別してください。
そこで、今回はペニス増大のためにならない、間違ったオナニーの仕方をお教えしましょう。

間違った方法の5つのオナニー

ペニス増大に全く効果のない、オナニーの方法は5つあります。

  • 足ピーンオナニー
  • こすりつけオナニー
  • 強く握りすぎるオナニー
  • 半立ち状態で射精
  • 短時間オナニー

それぞれ詳しく解説していきます。

足ピーンオナニー

射精する時に足に力を入れてピーンと伸ばしてイク人、結構います。
というか、実際にやってみると、強い刺激を感じるため、イキやすくなり、結構気持ち良いです。
しかし、ただ気持ち良くなるだけ、ペニス増大には何のメリットもありません。
また、イキやすくなるので勃起時間が短くなります。
ペニス増大にはなるべく長い時間勃起を継続させておく必要があります。
(長時間勃起を続けることでペニスの海綿体が血液の吸収率を高めることでできます。)
そのため、足ピーンオナニーは意味がないのでご注意を。


こすりつけオナニー

ベッドや布団、床などにペニスをこすりつけて射精するオナニーです。
プッシュ法とも呼ばれています。
射精障害の原因にもなり得る悪いオナニーの方法です。
ペニス増大には全く効果のないことなのでやめましょう。


強く握りすぎるオナニー

欧米ではオナニーの時、ローションを使う習慣があります。
そのため、強く握り過ぎることがないようです。
しかし、日本ではオナニーの時にローションを使う習慣はありません。
あまりにも強い圧力は海綿体から血液を逃がしてしまい、勃起力を弱めてしまいます。
そのため、あまり強く握る酢切りオナニーはやめましょう。


半立ち状態で射精

フル勃起でない、半立ちの状態では海綿体に血液がしっかり充満してない状態です。
ペニス増大にはペニスの海綿体になるべく長く、そして多くの血液を吸収してもらわないといけません。
そのため、半立ちの状態でイクようなことはやめましょう。


短時間オナニー

短時間というのは10分以内ぐらいのこと。
10分以内で射精に至っていると、海綿体の血液吸収率が悪くなってしまいます。
オナニーの時でも、なるべく20分以上は勃起を持続させ、射精するようにしましょう。


以上の5つがペニス増大にとって悪いオナニーの方法です。
やっている方がいたら今すぐやめるようにしましょう。

   (サイト内の別ページに移動します。)

   (サイト内の別ページに移動します。)

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト