ペニス増大のための正しいオナニーの3つのポイント

正しいオナニー

ペニス増大のためには正しくオナニーする必要があります。
オナニーも一歩間違えると、ペニス増大できない原因になったり、EDの原因になったり、膣内射精障害になったりする可能性があります。

正しいオナニーのポイントは3つ。それは、

リラックスすること
イメージ力
低刺激ですること

です。

それぞれどんな効果があるのか見ていきましょう。


リラックスすること

オナニーはなるべくリラックスした状態で行うことがベストです。
体のどこかに力を入れるとイキやすくなったりするので、足やお腹に力を入れてオナニーしてたりしませんか?
この状態のオナニーに慣れてしまうと、最悪は膣内でイクことができない膣内射精障害になってしまう可能性があります。
また、体のどこかに力を入れていると、副交感神経が働きません。
ペニスを大きくするにはペニスに多くの血液を送る必要があります。
そのためには、副交感神経を活発にする必要がありますが、体のどこかに力を入れると、交感神経の方が活発になり、うまくペニスに血液が流れません。
そのため、なるべくリラックスした状態でオナニーをする必要があるのです。


イメージ力

次はイメージ力です。
AVなどのおかずに頼ると、本番のSEXでは物足りなさを感じてしまう人が増えています。
その結果、SEX中に萎えてしまったり、膣内でイケない人が増えているそうです。
また、先ほどと同じように、AVの力に頼ると、副交感神経が活発になりません。
実際のSEXをイメージしてオナニーすることで、副交感神経が活発になり、オナニーがより気持ち良くなり、勃起力も増し、ペニスが増大しやすくなります。
そのため、なるべくイメージのみでオナニーするようにしましょう。


低刺激ですること

成人男性の場合、右手でオナニーする時、平均して10kgほどの負荷がペニスにかかっています。
強く握ることで刺激を得ている人は、実際のSEXで刺激を感じにくくなります。
また、強く握り過ぎると、ペニスの海綿体細胞を殺してしまいます。
海綿体細胞は死滅して復活することで成長して大きくなり、ペニスも大きくなりますが、強く握って海綿体細胞を殺しただけではペニスの増大はできません。
そのため、ペニス増大サプリなどを飲むことで海綿体細胞の復活をサポートすることができます。
サプリを飲まない人にとって強く握ってオナニーすることは何の得にもなりません。


しかし、強く握ってオナニーしたい、で、ペニスも大きくしたい!という人にはペニス増大サプリを併用することで、気持ち良いオナニーもペニス増大も可能になります。

   (サイト内の別ページに移動します。)

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト