ツボ押しでペニス増大?!メリットとデメリットは?

日本人であれば、経絡やツボなどの東洋医学に基づいた考え方ってなんとなく安心できますよね。

ツボ押しによる効果はペニスを大きくするだけではなく、疲労回復、自律神経の安定など、私達の健康維持に欠かせない良い結果をもたらしてくれるのです。

手にあるツボであれば、いつでも、どこでもマッサージできるというのが便利ですよね。
例えば通勤途中の電車の中や、仕事の休憩時間中、お風呂に入っている時などを利用してペニスを大きくすることができるのです。

もし時間に余裕があるという方は、指によるマッサージだけでなく、お灸などで対応するとさらに良いです。
お灸の熱がじんわりと体の内部まで浸透し、気の流れを改善するのです。

お灸は熱いのをガマンする辛いイメージがありますが、最近は「台座灸」といって、台座を介してやんわりと熱を伝えるものがドラックストアなどで売られています。
ツボ1か所につき、1日1個据えれば十分な効果が得られます。
値段も1個あたり10円くらいなのでお手頃です。

02_08_okyu

ツボ押しをする時に気を付けること デメリットは?

ぺニスを大きくするツボを押すこと自体は勿論効果はありますが、即効性はありません。
ペニスが大きくならない原因となる、体の不調を体質改善することがツボ押しの目的ですが、その効果はじんわりと効いてくるのです。

中には、ツボ押しに即効性を求めるあまり、長時間同じツボを押したり、お灸などを繰り返し据えたりする方もいますが、やり過ぎると筋肉を痛めたり、皮膚が炎症を起こしたりすることもあります。

特にお灸を据え過ぎるは低温やけどを起こします。

ツボや経絡は私達が思っている以上に複雑で繊細なものです。
WHOの認定を受けているツボだけでも300種類以上あります。
正しい知識をもってツボ押しをしなければいけません。
ですから、飲酒後や体調が悪い時などはむやみにツボを押して、体を刺激してはいけません。

また、手足のツボでしたら、自分で押すこともできますが、背中や頭のツボは自分で押すことはできないのが難しいところですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト