増大の敵!血液をドロドロにさせる食べ物とは?

お菓子

ペニスを大きくするには血液がサラサラでなくてはなりません。
なぜなら、ペニスは勃起する時、ペニスの海綿体が血液を吸収して大きくなるのですが、ペニスへ血液が流れ込まないと勃起しても大きくならず、勃起時にビンビンにならないとペニス増大はできません。
そこで今回は血液をドロドロにしてしまう食べ物について紹介していきましょう。

お菓子・ジュースはドロドロ

お菓子やジュースは血液ドロドロにする食べ物No.1です。
お菓子やジュースには糖分が多く含まれます。

この糖分は全て肝臓で中性脂肪に変えられ、その中性脂肪が血液にも入り込んでしまうのです。

さらに、中性脂肪が肝臓内で処理しきれないと、レムナントという物質が血液中に残ってしまいます。
レムナントは血小板を固まらせたり、白血球を血管の壁に付着させやすくなります。
また、甘いものを食べすぎると、血糖値が上がり、赤血球が付きやすくなったり、変形しにくくなったりします。
その結果、血液の流れが悪くなり、血液がドロドロになってしまうのです。

確かにお菓子やジュースはおいしいですが、食べ過ぎには注意しましょう。

肉・油の食べ過ぎと野菜・魚の不足

肉類や脂っこい料理は血液中のコレステロール値を上げて、中性脂肪を増やします。
その結果、血液ドロドロ化が進みます。

油は油でも特にオメガ6脂肪酸やリノール酸系の油は要注意です。

反対に、イワシ、サンマ、アジなどの青魚は血液をサラサラにするDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)を多く含んでいるのですが、逆に魚を食べないと血液をドロドロにしてしまいます。

さらに、野菜にはコレステロール値を下げてくれる食物繊維や、血管内のごみを取り除くビタミンが豊富に含まれるので、血液サラサラ効果があるのですが、野菜不足になると、血液ドロドロ化が進んでしまいます。

お酒はほどほどに

お酒は適量に飲めば血液にもいい影響を与えますが、飲み過ぎはドロドロ化の原因になってしまいます。
お酒に含まれるアルコールは体内で水分と一緒に排出するよう働きます。
しかし、お酒を飲みすぎると著しく水分が失われ、脱水状態になり、血液中の水分が減って血液をドロドロにさせます。

くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト