ペニス増大にとって最適なオナニーの頻度って1日◯回?

オナニーの回数

みなさん、オナニーは1日何回やってますか?
週に2~3回?月に30回?
学生時代は1日2~3回が当たり前だったのに、年齢を重ねるとオナニーのペースも落ちてきますよね。

では、ペニス増大にとって最適なオナニーの頻度・回数ってどのくらいかご存知ですか?
そこで今回は、ペニス増大のためのオナニーの最適な頻度・回数について紹介していきます。

オナ禁は最適な期間で!

オナ禁

20代、30代であれば、まだまだ毎日オナニーしているという人も多いかと思います。
しかし、オナニーはペニスにかなりの負荷をかけています。
毎日するというのは、毎日筋トレをしているようなものです。

筋トレもチントレもオナニーも一緒で、毎日やるよりも一定の休息とともに行ったほうが効率的です。

なぜなら、筋肉細胞もペニスの海綿体細胞も、トレーニングやオナニーによって細胞が損傷します。
その後、24時間から48時間の休息時間をかけて、損傷した細胞は以前の負荷に負けないように強く大きく回復します。
筋肉であれば強く大きく回復し、ペニスの海綿体細胞であれば硬く大きく回復します。

「ペニス増大にオナキンが有効」なんてことを聞いたことはないでしょうか?
これはハッキリ言って嘘です。

「巨根」って聞いて、どんな職業の人が思い浮かびます?
そう、AV男優さんだと思います。

AV男優さんたちは1日数回の撮影で4~5発射精し、その後帰ってからもオナニーは欠かさないという人がほとんどです。

1日5発以上は抜いている計算です。
しかし、AV男優さんたちは一般の人よりも立派なペニスを持っています。
これは、SEXやオナニーがペニス増大に有効であるという、紛れもない証拠なのです。
そのため、オナ禁すればペニスを大きくできるというのは、全くのデタラメです。

また、男性の自慰行為というのは、生殖機能を正常に維持するためのホルモンバランスを整える役割もあります。
筋肉と一緒で、使ってない体の部位というのは衰えていきます。
オナニーというのは溜まった精子を排出し、前立腺が新たに精子を作り出すために必要な行為です。

そのため、オナ禁は適度にするのが一番良いのです。

 

オナニーでペニスを増大させるには週に何回?

オナニー

では、ようやく本題。
今までの情報をまとめると、週に何回くらいオナニーするとペニス増大に効果的なのか?

当サイトが出した結論はコチラ!

「1日2~3発の射精を週に4~5回、週に2日は休息日を設けるべし!」

というのが、ペニス増大に有効なオナニーの頻度・回数における当サイトの結論です。

1日2~3発というのは、AV男優さんは1日5発以上射精していることから、1日に1回のオナニー(射精)よりも、複数回のオナニーの方が有効であると判断しました。
そして、オナニーもペニスに負荷をかけるチントレであるとするならば、週に2日以上は休息を与えて、海綿体細胞の回復を促すようにしてあげましょう。
1週間の理想のオナニー予定表を作ってみました。

  • 月:オナニー(2~3発)
  • 火:オナニー(2~3発)
  • 水:休息日
  • 木:オナニー(2~3発)
  • 金:オナニー(2~3発)
  • 土:休息日
  • 日:オナニー(2~3発)

もちろんオナニーはSEXでも構いません。
2~3日連続でオナニーしたら、1日休むというのが、最もペニス増大に効果がある頻度です。

ただ、AV男優さんも実践していますが、ただ射精を数多くしたり、勃起時間を長くしたりするだけではペニスを大きくすることはできません。

 

ペニス増大に必要なのは栄養補給

栄養補給

筋トレした後に、プロテインなどのサプリメントを飲むと筋肉増強に効果的だというのは有名な話。
では、オナニーやチントレの後に、何も飲まなくてもペニスは増大するのでしょうか?
答えは、増大は可能でしょうが、非効率で時間がかかってしまいます。

筋トレの場合、例えば腕立てをすると、腕の筋細胞が損傷します。
損傷した細胞は24~48時間の休息を経て以前より強く大きな細胞へと回復します。
これを繰り返すことで筋肉は強くなっていくのです。

この24~48時間の間に細胞は修復作業に入るのですが、修復をサポートするのがプロテインなどのサプリメントです。
サプリメントの種類によって効果は変わってきますが、細胞の修復スピードを早めたり、回復した時の細胞をより強く大きくする効果があったりします。

巨根で有名なAV男優さん、特にトップ男優さんは、1日の射精回数も多いですが、体を鍛えるトレーニングと体作りのためのサプリメント、ペニスを正常に保つためのサプリメントは欠かせないと言います。

今の時代、足りないものはサプリメントで補給するのがトレンドです。

 

ペニス増大に必要な成分は4つのアミノ酸

成分

ではペニス増大に必要な栄養って何でしょう?
正解は、4つのアミノ酸です。
アルギニン、シトルリン、トリプトファン、オルニチン、この4つのアミノ酸がペニス増大に必要です。

アルギニンとシトルリンは血流を改善するために必要な成分です。

勃起は体中の血液がペニスに集まって起きる現象なので、血流が良くないとペニスを大きくすることはできません。
アルギニンとシトルリンは体内で相互に作用し、一酸化窒素という物質を生成します。
一酸化窒素は血管を柔軟にして拡張する効果があります。
そのため、血の流れが良くなり、血流が改善されるというワケです。

また、トリプトファン、オルニチンは成長ホルモンの分泌を促進させるアミノ酸です。

成長ホルモンとはその名の通り、人の骨、血液、筋肉、細胞を成長させるためのホルモン物質です。
また、傷付いた皮膚や細胞を修復するためにも成長ホルモンは使われます。

ペニスを大きくするには成長ホルモンをペニスの海綿体細胞に作用させなくてはいけません。
そのため、オナニーしたり、チントレするとペニスの海綿体細胞が損傷するので、損傷した細胞を修復しようと成長ホルモンが使われます。

さて、そんな成長ホルモンは睡眠時、時に深い睡眠のノンレム睡眠の時に分泌されます。
「寝る子は育つ」という諺は科学的に正しいのです。
そんな深い睡眠を誘発するのがトリプトファンです。
トリプトファンはセロトニンやメラトニンといったリラックスする時に出る物質の原材料となるため、摂取することでリラックス状態になり深い睡眠に落ちることができます。
また、オルニチンは成長ホルモンの分泌をコントロールしている脳の下垂体という部位に直接刺激を与えることで、成長ホルモンの分泌を促進させます。

AV男優さんたちもこの4つのアミノ酸は日々の栄養補給に欠かせないと言います。

 

ペニス増大のためにオナニーの頻度を上げてみた

回数

1日に2~3発の射精、1週間で4~5回のオナニーを実践してみました。

始めの1週間、1日に2~3発のオナニーというのは正直結構しんどくって、できたのは2日だけでした。
次の週には、オナニーはするんですが、1日1発が限度で、1日2~3発というのは継続できませんでした。

その間、特にペニスが大きくなった時間もありませんでした、って2週間ちょっとじゃ大きくなるワケがないのですが。

   (サイト内の別ページに移動します。)

会陰のツボ押しや竿圧迫トレーニングも実践

チントレ,ツボ押し

オナニーの頻度を上げてペニス増大に挑んだんですが、続けられず失敗に終わりました。
次に試したのが、チントレです。
ミルキングやジェルキングもやりましたが、竿圧迫トレーニングというチントレが一番効果があると思います。
ペニスの根元をギュッと抑えた状態で、逆の手で竿をしごく。
ペニスの根元を締めるので、ペニスへの血液供給を止めることになります。
そして、一気に解放することで、ペニスの血液循環を良くするチントレです。

とまあ、説明は上手にできましたが、この竿圧迫チントレも1~2週間しか続けられませんでした。

次にやったのがツボ押しです。
三焦経や大赫など精力アップに効果的なのツボもありますが、特に力を入れたのは「会陰(えいん)」というツボです。
会陰は肛門と玉金の間にあるツボで、PC筋とも繋がっています。

この会陰を指圧することで精力が上がり、下半身の血流を改善し、ペニス増大ができるというワケです。
・・・
が、この会陰のツボ押しも2週間も続きませんでした。

   (サイト内の別ページに移動します。)

継続できない理由は?

諦める

結局、竿圧迫トレーニングも会陰のツボ押しも長くは続けられませんでした。

その理由は、お金をかけてないから。
お金をかけないと、人間本気になれないんですよね。

ダイエットすると言って、運動を始めた人が、お金もかけずに痩せられると思いますか?
お金をかけずに痩せられるなら、スポーツジムなんて必要ありませんし、ライザップも流行りません。
しかし、現実はスポーツジムが至る所に建設され、ライザップに人が集まっています。

そう、つまり、お金をかけないで挑んでも本気でできないため、継続することが難しいんです。
その結果、お金を払ってでもどうにかしようとするんです。

ペニス増大も一緒。
オナニーの頻度を上げるだけだったり、チントレの竿圧迫トレーニングだったり、会陰のツボ押しだったりはタダでできること。
そのため、いつ止めてもOKですし、誰にも文句は言われない、誰も傷付けないので、始めるのが簡単な反面、止めちゃうのも超簡単なんです。

 

お金をかけるなら手術かサプリメントか?

お金

お金をかけて本気でペニスを大きくしたいなら方法は2つです。

  • 増大手術
  • 増大サプリ

増大手術は即効性があり、術後すぐに増大できます。
また、入院の必要もなく、手術も1時間程度で終わる、かなり安全な手術になっています。
ただ、費用が高いのがネックで相場としては30万~50万円となっています。
あと、術後は1年くらいで元のサイズに戻ってしまうため持続性がありません。
さらに、術後1ヶ月はSEXもオナニーもできません。

一方の増大サプリは飲むだけでOKなこと、手術に比べると1箱(1ヶ月)1万円程度で、多くても3箱3万円程度で済むことがメリットでしょうか。
ただ、効果に個人差が出やすく、即効性がないのがデメリットです。

手術とサプリを比べると、手術はデメリットが大きく、お金をかけるにしても高額すぎるので、サプリを試して効果がなかったら、最終手段として手術を受けようかと思いました。
サプリメントに関してはAV男優さんたちも重要視していて、ペニス増大には欠かせません。

 

どんなサプリを選ぶかが重要!

選ぶポイント

しかし、ペニスを大きくするためのペニス増大サプリは日本国内だけでも200種類以上は販売されており、そのほとんどは効果のない粗悪品です。
数多い商品の中からどんなサプリを選んだらいいのか?

私が増大サプリを選んだ基準は4つあります。

  • 成分
  • 口コミ、ブログ、体験談
  • 販売実績、販売年数
  • 販売業者の信憑性

まず成分は、先にも紹介した4つのアミノ酸、アルギニン、シトルリン、トリプトファン、オルニチンが配合されているかが重要になります。

口コミ、ブログ、体験談ですが、良い評価ばかりのものはサクラやアフィリエイター達が書いているため信用できません。
悪い評価ばかりのものは論外です。
サプリメントは効果に個人差が大きく出るため、良い評価が7~8割、悪い評価が2~3割のモノを選ぶようにしましょう。
良い評価が7~8割というのは5点満点で言うと、3.5~4.0点くらいです。

販売実績、販売年数は、販売年数を主に見ます。
増大サプリというのはブラックな企業が多く粗悪品が多いため、販売から2~3年で淘汰されています。
そのため、3年以上、できれば5年以上のの販売実績があるモノを選ぶようにしましょう。

販売業者の信憑性は公式サイトと住所を見ます。
サプリメントというのは薬事法によって表現できるものが限られています。
例えば「ペニスが7cm増大する!」とか「ペニス20cm超え!」なんて表現はNGです。
これらの表現を使っている公式サイトは行政処分を受け販売終了となるケースも多いです。
また、販売業者の住所をGoogle MAPなどで調べましょう。
そこにちゃんと建物があるか、レンタルオフィスではないか、などを見てください。
建物がない場合、架空の住所ですし、レンタルオフィスの場合、がさ入れがあったらすぐに逃げられるようにしています。
こういった業者からサプリメントを買うのは危険なので止めときましょう。

 

条件を満たしたサプリメントは?

ゼファルリン

成分、口コミ、販売年数、業者の信憑性、全てを満たした増大サプリは「ゼファルリン」という商品だけでした。
  • アルギニン等の4つアミノ酸が配合
  • 口コミは100件中76件が良い評価(5点満点中3.8点)
  • 販売開始は2011年なので6年以上の販売実績
  • 薬事法を遵守した公式サイトと住所にはちゃんとした建物有り

 

というワケで、ゼファルリンを購入してみました。

   (サイト内の別ページに移動します。)

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト