陰茎増大手術でペニスを大きく?メリットとデメリットは?!

ペニスを大きくする方法には色々ありますが、その中の一つである、陰茎増大手術はある程度結果が保証されている方法ですよね。

ただ、ペニスに何かを注入したり、麻酔を打ったりと体に影響が大きいので、慎重に検討した方が良いですね。
そこで陰茎増大手術のメリットとデメリットについて考えてみました。

陰茎増大手術のデメリットは?

まずメリットとしては、先に話したようにある程度の結果が保証されている点です。

サプリメントやチントレなどで結果を出すには、すぐに効果が出るというわけではありませんので、すぐに大きいペニスになりたい!という方にはおすすめです。

陰茎増大手術のクリニックの広告でも、手軽さをアピールしていますよね。
でもそういう広告では患者さんの抱えるリスクは説明していません。

04_08_shujutu

陰茎増大手術のデメリットは?

陰茎増大手術のデメリットとしては、傷痕が残るということがありますよね。

陰茎増大手術には亀頭にコラーゲンなどを注入して、大きくする方法、ペニス周囲の脂肪を吸引して、埋もれていたペニスを引き出す方法、体内に埋もれたペニスを引き出す方法とありますが、切るものに関しては痕が目立ちます。

ペニスを大きくしたいという思いは誰にでもありますが、だからと言って手術して大きくなったと周りの人には言えませんよね。
既に彼女や奥さんが居る方だと、やはりばれてしまうことがリスクかと思います。
お子さんが居るかたも気を付けた方が良いですね。
子供は思ったことは何でも口に出してしまうので、来客の前でうっかり子供が話してしまうかもしれません。

切らない手術というと、ヒアルロン酸注入ですが、こちらについては、効果は一時的なものです。
ヒアルロン酸は自然に体内に吸収されてしまう物質なので、ペニスが大きくなる期間は、個人差がありますが、1年から2年くらいでしょうか。
元の大きさに戻ってしまったら、またクリニックに行ってヒアルロン酸を入れてもらわなければいけません。

最近はヒアルロン酸に比べて体内に吸収されにくい、バイオアルカミドやアクアミドなどの新成分が使われているようですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト