毎日の食事でペニス増大!メリットとデメリットは?

毎日の食事でペニスを増大することの一番大きなメリットとしては、サプリメントやペニス増大器具代などの余計なコストがかからない、という点があげられます。
誰でも3度の食事は必ず摂りますよね?
もし朝食を抜いたとしても、1日全く何も口にしないという日は無いはずです。
男は色々とお金がかかるものです。

結婚資金や子供の養育費など、将来のことを考えれば、今からお金を貯めないといけませんから、お金をかけずにペニスを増大できるというのは魅力的です。

他のメリットとしては、ペニス増大サプリメントであれば、マカやアルギニンなど特定の成分しか補完できないのですが、毎日の食事でペニス増大のために良い成分を摂るのであれば貴方なりのアレンジが可能なのです。
昨晩は中折れしちゃって彼女に怒られちゃったから、精力アップの食材であるうなぎも久しぶりに食べておこうかな、女の子を授かるために、精液を濃くするセレンが入っているカツオなどは控えよう、など工夫できますよね。

05_08_ryouri

食生活の改善は即効性があるのか?

食材に気をつけることで、ペニスの増大は可能ですが、残念ながら根気よく継続しなければ結果は出ません。
ですから、デメリットとしては、独身の方にとっては外食やコンビニ弁当の食事が当たり前なので、希望通りの食材を摂るのが難しく、3日坊主で終わってしまうということにあります。

優しい彼女が毎日お弁当を作ってくれるというのであれば話は別ですけどね。
ただ、彼女や奥さんに「ペニスを増大させたいから、毎日亜鉛やアルギニンの入っている食材でご飯を作って欲しい」なんてお願いしづらいかもしれません。

もし貴方が料理が趣味で、毎日自炊が可能だとしても、ペニス増大の為には、ある程度の量を食べないといけないというのが問題になります。

亜鉛の摂取量は20代の男性ですと9mg/日です。
亜鉛を沢山含んでいる豚レバーでその量を食べるとすると、だいたい130mg食べないといけません。

これは3人前のレバニラ炒めで使用する量に相当します。

毎日レバニラ3人前って、考えただけでげっぷが出てきてしまいますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト