生殖機能を高めるツボ「湧泉(ゆうせん)」とは?!

生殖機能を高めるツボとして有名なのが「湧泉(ゆうせん)」というツボです。

場所
右足、左足の裏。
土踏まずのちょっと上。
足の指を曲げた時に、へこむ部分が湧泉。

押し方
両手の親指で強く押し揉みします。
3秒押して、3秒離す、また3秒押して、3秒離すを繰り返します。
次第にツボの周りが温まってきたら、ツボ押し完了。

02_01_yusen

男性の生殖機能を活発にすると言われています。
このツボは歩き疲れたり、立ち疲れたり、足がむくんだりと、足の使い過ぎによる筋肉疲労に効果的なツボです。
また、男性にも多い足の冷え性にも効きます。

体がダルイ、気力がない、手足が重い、ストレスや仕事の疲れでこのような症状はないですか?
湧泉とは元気が湧いてくる泉のようなツボという意味があります。
疲れ、精神的なストレス、男女問わず更年期障害にも効果があり、万能のツボと呼ばれています。

湧泉は腎臓の働きを整える

また、湧泉は腎臓の働きを調節してくるツボです。
腎臓は腰のあたり左右対称に2個ある臓器です。
腎臓の働きはとても重要です。
腎臓が健康でないと、ペニス増大なんて叶いません。

腎臓の働きは大きく5つです。

1、老廃物を体から追い出す
腎臓は血液をろ過する働きがあります。
ろ過して老廃物と塩分を尿に変えて体外に排出します。
逆に、体に必要な栄養素を吸収する働きも腎臓が行っています。

2、血圧を調整する
塩分と水分の排出量を調節して血圧をコントロールしているのが腎臓です。
腎臓の働きが低下すると、高血圧になったりするので注意が必要です。

3、血液を作る命令を出す
腎臓から出るホルモンの刺激によって、骨髄の中の細胞が血液を作り出します。
腎臓の働きが低下すると血液が十分に作られません。
血液が十分に作られないと勃起障害にもなってしまいます。

4、体内のイオンバランスを調節する
体に必要なイオンバランスやミネラルを体内に吸収してくれるのが腎臓です。
腎臓が悪くなると疲れやめまい、体のむくみなどの症状が現れます。

5、強い骨を作る
腎臓はカルシウムを体内に取り込むのに必要なビタミンDを作っています。
腎臓機能の低下でカルシウム不足になり、骨がもろくなることもあります。

このように腎臓はとても重要な内臓です。
そんな腎臓に効く湧泉でペニス増大、精力アップを図りましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト