チントレ体験談!ミルキング、ジェルキング、スクワットの効果は?

チントレ

私、T.Kがチントレでペニス増大に挑戦した体験談をご覧いただきます。
チントレ挑戦前、私のペニスのサイズは10.5cm~10.8cmの間くらいでした。
まず実践したのはジェルキングという方法でした。

チントレ体験談 1ヶ月目

ジェルキング

チントレの方法というのも実に様々で、ネットで検索すればいくつもその方法が紹介されています。
その中でも有名な方法が「ジェルキング」と「ミルキング」。
色々調べた中でも最も効果がありそうだと思ったのが「ジェルキング」です。

理由は単純にgoogleで「ジェルキング」と「ミルキング」を検索した時に

  • ジェルキング 約1400万件のヒット
  • ミルキング 約12万件のヒット

という結果になり、ジェルキングの情報が圧倒的に多かったためです。

という訳でジェルキングを実践してみました。

ジェルキングのやり方を簡単に説明すると、

  1. 半勃起させる
  2. ローションを手とペニスに塗る
  3. 右手の親指と人差し指で輪っかを作りペニスの根本を握る
  4. 左手で同じく輪っかを作り、ペニスの根本から亀頭へスライドさせる
  5. 亀頭まで行ったら今度は左手でペニスの根本を握り、右手を根本から亀頭へスライドさせる
  6. 交互に5分くらい続ける

といった方法です。

ポイントとしてはペニスの根本から亀頭へと血液を送り込んでやるイメージで行うことです。

このチントレを風呂に入っている間、5分間頑張ってみました。
最初の2~3日はやり方が難しく、半勃起させたほうが効果が高いのですが、どうしても気持ちよくなってフル勃起した挙句、そのままオナニーまでしちゃうような感じでした。
1週間後、何とかオナニーは我慢できるようになりましたが、どうしてもフル勃起してしまうんです。

この状態が1ヶ月後も続きました。
ただ、フル勃起の状態でもジェルキングは続けていました。

1ヶ月経過した頃、ペニスのサイズを計測してみました。

10.6cm → 10.5cm(増大値-0.1cm)

何とビックリ、マイナスになってしまいました。
ただ、日によって10.5cm~10.8cmで増減はあるため、計測の誤差かなと思いました。

チントレ体験談 2ヶ月目

ミルキング

ジェルキングで効果がなかったので、もう違う方法に乗り換えてしまった私です。
次に試したのが「ミルキング」。
ミルキングはジェルキングと違ってフル勃起でも効果があると言われているため、ジェルキングですぐにフル勃起してしまう私にとっては好都合でした。

ミルキングのやり方は

  1. フル勃起させる
  2. 右手で人差指と親指で輪っかを作り、ペニスの根本を逆手に持つ
  3. 中指、薬指、小指と順に握る
言葉で説明すると小難しいですが、要はペニスを乳搾りの要領で搾る方法になります。

ミルキングであればローションやジェルも必要ありません。
そして、フル勃起した状態でも効果が発揮できるため、チントレでフル勃起してしまう、私のような人にはオススメの方法です。

ミルキングを実際に1ヶ月続けてみました。
その成果は、

10.5cm → 10.6cm(増大値+0.1cm)

微妙です。
10.5cm~10.8cmは日によって変化するので、この数値も増大したとはいえない大きさです。

チントレ体験談 3ヶ月目

スクワット

3ヶ月目に突入した頃から、チントレもサボりがちになってきました。
ペニスを大きくした気持ちはあるんですが、いかんせん面倒くさい。
このまま終わってしまっては、今までの苦労が水の泡です。

そこで変化を付けるべく、スクワットと竿圧迫トレーニングという方法も取り入れてみました。

スクワットは下半身の血流が良くなり、ペニスへ流れる血液の量を増やしてくれるため、勃起力が上がりペニス増大になるためです。

また、竿圧迫トレーニングの方法は以下の通りです。

  1. フル勃起させる
  2. 左手でペニスの根本をキツく握る
  3. 右手で人差指と親指で輪っかを作り、カリから根本までスライドさせる
  4. 右手左手で交互に行う
ペニスの根本を握りペニスへの血流を止め、動かす手でペニスの血行を逆流させるイメージで行います。

その結果、ペニスに血液が足りなくなるので、さらにペニスへ血液を送ろうとする効果が生まれます。
この竿圧迫トレーニングは竿や亀頭を太くしたい人向けのトレーニングです。

チントレ3ヶ月目は、ミルキング、スクワット、竿圧迫トレーニングを気が向いた時にやっていた感じでした。
その結果は、

10.6cm → 10.8cm(増大値+0.2cm)

コレまた微妙です。
10.8cmは過去最高ですが、今までも計測したことがある数値のため、チントレで効果があったとは言い切れません。

ペニスを大きくするには

チンコ大きく

ただ、チントレを行っている最中、様々なペニス増大方法を調べていましたが、ペニスを大きくするには2つのことが重要であることが分かりました。

血流を良くする
海綿体細胞を成長させる

この2つがペニス増大には欠かせません。

ペニスを大きくするには、ペニスへ多くの血液を送り込むことが必要であるため、血流の改善は必須です。
また、ペニスは海綿体細胞で構成されていますが、海綿体細胞を成長させるには成長ホルモンの分泌と、海綿体細胞を損傷させ回復させることが重要になります。
海綿体細胞の損傷と回復というのはチントレが最も効果的です。
これは筋トレと同じ要領です。
トレーニングすることで細胞が損傷し、休息を取ることで細胞が回復します。
回復した細胞は以前よりも強く大きく生まれ変わるため、細胞が強くなるのです。

この理論を知った私はチントレと一緒にある方法も試してみました。
血流を改善して、成長ホルモンを分泌させ海綿体細胞を成長させる、チントレよりも効率的で簡単にできる方法です。

   (サイト内の別ページに移動します。)

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト