ペニス増大マッサージの3つのステップと2つのコツ

ペニス増大マッサージ

「ペニス増大マッサージ」というのをご存知でしょうか?
その名の通り、ペニスを大きくするためのマッサージ法です。
この「ペニス増大マッサージ」には3つのステップと2つのコツがあります。
それぞれ詳しく解説していきます。

ペニス増大マッサージの3ステップ

このペニス増大マッサージは毎日続けることが理想です。
でも最も大事なのは長く続けることです。

続けるのが苦痛であれば最初は週に1回からでも構いません。

慣れてきたら回数を増やす感じで、徐々に回数を増やしていきましょう。

ではペニス増大マッサージのやり方を3つのステップで紹介します。

  1. 勃起していない状態でペニスの亀頭を持って、体の前面に向けて引っ張ります。
    痛みを感じない程度に引っ張って下さい。
    30秒引っ張ったら10秒緩める、の繰り返しを5分程度続け、これを5セット行います。
  2. 勃起していない状態でペニスの亀頭を持って、上下左右に引っ張ります。
    これも痛みを感じない程度に引っ張って下さい。
    上に30秒引っ張り10秒緩める、下に30秒引っ張り10秒緩める、右に30秒引っ張り10秒緩める、左に30秒引っ張り10秒緩める、の繰り返しを5分程度続け、これを5セット行います。
    その後、ペニスを引っ張りながら右回り、左回りと30回程度回します。
  3. カリ部分を強めに握ります。
    イメージとしては亀頭への血液を止めるような感じです。
    亀頭の色が変わり始めたら力を緩めます。
    この繰り返しを10回程度行います。

ペニス増大マッサージの2つのコツ

ペニス増大マッサージを行う時のコツは以下の2つです。

  • マッサージを行う環境
  • ペニスを十分に温める

まずは、「マッサージを行う環境」です。
ペニス増大マッサージを行う時は、なるべく温かい場所で、リラックスした状態で行うのが望ましいです。
最もベストな環境はお風呂です。
シャワーではなく、湯船に浸かる状態で行うのがベスト。
お風呂に入っていると血行が良くなり、リラックスした状態になります。
リラックス状態であれば勃起時に必要な副交感神経が活発になります。
他にも、布団に入った状態でもOKです。

続いては「ペニスを十分に温める」ことです。
これはお風呂に入った状態であれば自然とできているのでOKですが、お風呂に入っていない時に行う場合は、40℃程度のお湯で濡らしたタオルをペニスに2~3分巻いておく方法もあります。
ペニスを温めて行うとペニスの血行が良くなるため、ペニス増大マッサージの効果を上げることができます。

   (サイト内の別ページに移動します。)

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト