漢方による血行改善!ペニス増大に効く漢方はこの3つ

漢方

「漢方」に対してどんなイメージをお持ちですか?

  • 薬よりも副作用が少なそう
  • サプリメントと同じ感じ
  • なんだかちょっと怪しげ

漢方に対してのイメージは人それぞれかと思います。

しかし、漢方は体全体のバランスを整えて、全身の血行を改善することに重点が置かれています。

そのため、ペニス増大に必要な血流を改善することも可能なのです。

ただ漢方はサプリメントよりも薬に近いものです。
通常の薬と同様、専門医の相談の上、適切な漢方を選ぶ必要があります。
安易にドラッグストアや通販で購入して飲むのはちょっと危険なのでやめときましょう。

漢方は体全体のことを考えて飲むべし

漢方は体全体のバランスを考えられて調合されています。
そのため「ペニス増大のために血行を良くしたい!」と言っても、体調が悪い時は、まずは体調不良に効く漢方を処方してから、血行を改善する漢方を処方されることがあります。
漢方のポリシーとしては「血行を改善する=全身の体調を改善する」ということなのです。

さらに漢方には薬と大きく違う点があります。
それは飲むタイミング。

薬は「食前」や「食後」が多いですが、漢方は「食間(食事から2~3時間後)」に飲むのを勧められることが多いです。

漢方は空腹時に飲んだほうが効くものが多いのです。
この点はサプリメントに似てますね。

ペニス増大に効果的な血行改善の漢方は?

では具体的にどんな漢方が血行改善に良いのでしょう?
ここでは3つの漢方を紹介します。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

漢方の医学である東洋医学では「気血(きけつ)」という考えがあります。
気血の「気(き)」は、目には見えないが人の体を支えているエネルギーのようなもの。
ドラゴンボールの気と同じ考えです。
「血(けつ)」は血(ち)のことだけでなく、全身の組織・細胞・器官に栄養を与えているものです。
そんな気血の流れが滞ってしまうと、全身の血行不良が起きます。
桂枝茯苓丸は滞った血の巡りを良くするので、ペニス増大にも効果的です。


加味逍遥散(かみしょうようさん)

血行が悪くなると悪い気が溜まってしまいます。
悪い気が溜まるとは言い換えると、ストレスを感じたり、イライライしたりすることです。
そんなストレス、イライラを解消してくれるのが加味逍遥散です。
加味逍遥散は緊張時に活発になる交感神経を緩和してくれる効果があります。


当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

血液が不足していると当然血行も悪くなります。
全身に血液が足りなくなると、余分な水分が溜まって体が冷えてきます。
当帰芍薬散は全身に栄養を与えて、利尿作用を促し余分な水分を排出し、血行を良くしてくれる効果があります。
血行が良くなれば体も温まるため、冷え性の人にはオススメです。


これら3つの漢方によって血行を良くすることもできます。
ただちょっとハードルが高いですかね。
そんな人は私が試した方法も紹介します。

   (サイト内の別ページに移動します。)

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト