オナニー・SEX後に食べると精力回復する食べ物とは?

精力回復

セックスやオナニーによって射精すると、体に結構なダメージが残ります。
射精すると体内のテストステロン(男性ホルモンの一種)が5aリダクターゼという還元酵素と結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの一種に変化します。

このジヒドロテストステロンが曲者で、別名悪玉テストステロンなんて呼ばれており、このジヒドロテストステロンが体内に吸収されると、精力の減退、虚無感を増長させ、さらには抜け毛の原因になったりします。

逆に、ジヒドロテストステロンを減らすことができれば、セックスやおオナニーの後でも精力をすぐに回復することが可能です。

そんなジヒドロテストステロンをやっつけてくれる食べ物を3つ紹介していきます。

ニンニク

精力増強にモッテコイのニンニク。
下半身だけじゃなくて、上半身に元気がない時でも疲労回復の効果があります。
ニンニクを炒めて野菜炒めやパスタなどに含めて食べると効果抜群です。
ラーメンにニンニクをドバッ-と入れて食べれば、血液循環が促進され、テストステロンの分泌量も増えるので、セックスやオナニーの疲れを回復できます。
さらにはペニス増大効果もあるので、普段の生活にニンニクは欠かせません。


アボカド

アボカドは世界一栄養価が高い果物としてギネスブックに登録されているほどの食べ物です。
アボカドには体内の血流を増加・促進させる効果があり、さらにはテストステロンの値を上げる効果もあります。
ちなみに中国のサラダにはたいていアボカドが入っています。
中国4千年の歴史は伊達じゃありません。


牡蠣

セックスミネラルと呼ばれる亜鉛が豊富に含まれているのが牡蠣です。
亜鉛は精子を生成する源です。
生牡蠣はあたる可能性もあるので、安全に食べるにはやっぱり牡蠣フライでしょう。
セックス・オナニーの後にすぐ牡蠣フライってあまり食べれないかもしれませんが、射精後に牡蠣を食べると、ジヒドロテストステロンを減少させて、精子の生産をサポートするので、精力の回復にモッテコイです。


以上の3つがセックスやオナニーによって失われた精力を回復する食べ物です。
でももっと簡単にセックスやオナニーによって失われた精力をアップさせる方法があります。
その方法は以下のページで確認可能です。

   (サイト内の別ページに移動します。)

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト