ウソ?ホント?タマキンは冷やしたほうが良い?金冷法とは?

金冷金

体は温めたほうが血液循環が良くなって勃起力も上がり、ペニスも増大するはずですよね。
チントレするときだって、ペニスを重点的に温めた方が良いって説明してきました。
ただ、タマタマだけは例外なんです。

タマタマ、通称タマキン、金玉、精巣、睾丸、色んな呼び方がありますが、ここではタマキンと呼びます。
よろしくタマキン。

このタマキンにおいては温めるよりも冷やしたほうが精巣の活動が活発になり、精子の生産性が上がり、精子の活動も活発になり、ペニスも増大できるって知ってました?

タマキンを冷やしてペニスを増大させる方法は昔からあり、その名も「金冷法(きんれいほう)」と呼ばれています。
金冷法はその昔、殿様の家来にタマキンを冷やす専門の家来がいたと伝わるほど、由緒ある方法なんです。
今日はそんな、ウソのようなホントの話、タマキンを冷やす「金冷法」の効果について説明したいと思います。

タマキンがむき出しになっている理由

タマキンを蹴られたら死ぬほど痛いですよね。
男にとっては一番の急所です。
そんな急所がなぜ、体にぶら下がって体外にむき出しになっているのか?
精子を作るための精巣であり、蹴られたら痛い急所なんだから体内にあってもいいと思いませんか?
でも実際は、体外にぶら下がっている。
その理由はただ一つ。
タマキンを外気に触れさせることで、タマキンの温度を下げているのです。

実は、タマキンにあるシワにも意味があって、シワがある方が玉袋の表面面積が広がり、外気に触れる部分を増やしているんです。
その結果、放熱効果が高まり、タマキンを冷やすことができるのです。

実際に、タマキンの温度は35℃前後です。
健康な男性であれば平熱は36℃くらいだと思います。
でもタマキンは体温よりも若干低めに設定されています。
この理由も一つ。

精巣活動を上げるには、タマキンを冷やす必要があるためです。

実際に、タマキンを冷やすことで精子の量が増え、ペニスも大きくなったという研究結果もあります。
また、男性不妊治療の医師は、男性に対して必ず「タマキンは温めてはダメです。なるべく冷やしてください」と言っているんだそうです。

AV界の神、加藤鷹先生も実践の金冷法とは?

あの加藤鷹先生も金冷法を実践している一人です。
鷹先生は冷水シャワーで冷やす方法をやっているようです。
具体的なやり方は以下の通り。

  1. 1~2分、冷水シャワーでタマキンを冷やします。
  2. 温水シャワーに切り替えて1~2分体全体を温めます。
  3. 1と2を4~5回繰り返します。

こうすることで、精巣活動を活発にさせて、精子を大量に放出することができるのです。
さらには、ペニスを増大させることも可能です。

私的にも金冷法の他にも色んな増大方法を試してみました。
その結果はコチラのページで見て下さい。

   (サイト内の別ページに移動します。)

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト