増大サプリで絶対必要な成分はこの3つ!

ペニス増大サプリメントを選ぶ際にチェックしたい成分をリストアップしました。

シトルリン

シトルリンには血流を促進する作用があり、古くから医薬品として使われていましたが、2007年以降サプリメントでの使用も認められました。

03_10_01_sitorurin

まだサプリメントとしては解禁されたばかりなのですが、人気急上昇中の成分です。
なぜかというと、シトルリンは人間の体内で合成、分解される物質なので、どうしても加齢とともに減少してしまう傾向にあるのです。
シトルリンはスイカなどのウリ科の植物に含まれている成分ですが、食品に含まれるシトルリンの量はごくわずかです。

シトルリンの体内での合成分解の過程で一酸化窒素を生成し、その作用で血管を柔らかくし、血栓ができにくくなります。

ですからペニスを大きくするというだけでなく、生活習慣病と言われる、動脈硬化や脳梗塞などにも高い効果を発揮します。

アルギニン

アルギニンはアスパラガスやカリフラワーなどの食品に含まれている天然の成分で、シトルリンと同様体内で一酸化窒素を生成し、血流を促進することで精力増強に効き目がある成分です。

03_10_02_aruginin

それだけでなく、アルギニンは成長ホルモンの分泌を促したり、他のアミノ酸などの成分と合体したりすることで疲労回復、筋肉増強などの効果を生み出します。

ですからアスリートは積極的にアルギニンを摂っている人が多いそうですよ。
仕事で疲れ切って夜の営みどころではない、という方におすすめです。

トンカットアリ

トンカットアリは東南アジアに自生するハーブの一種で、昔から地元の人たちに滋養強壮の薬として重宝されてきました。

03_10_03_tonkatoari

トンカットアリは体内の脂質を取り除いたり、テストステロンと言う男性ホルモンの分泌を促したりする効果があります。

テストステロンはご存知の方も多いと思いますが、男性ホルモンの9割を占め、精力アップ、やる気の向上、筋肉増強などに作用するホルモンです。
テストステロンは加齢とともに減少し、分泌が少ない男性は性欲も弱い傾向にあります。
ある実験ではトンカットアリを与えられたマウスは24時間勃起し続けたそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト