成長ホルモンを司る脳下垂体をどこよりも詳しく解説

脳下垂体

ツボ押しでペニス増大を果たすなら、重要になるのが「血流改善」と「成長ホルモン分泌」の2点です。
血流改善のツボは多数紹介していて、その仕組みも他のページでいくつも紹介しています。
詳しくはサイト内検索を使って「血流改善」と検索してみてください。

さて今回は、血流改善と同じく重要な「成長ホルモン分泌」について、ちょっと突っ込んだ話をしていきます。
今回テーマに挙げるのが「脳下垂体(のうかすいたい)」についてです。

脳下垂体とは、脳の一部で蝶形骨(ちょうけいこつ)というくぼんだ骨に収まっています。
脳下垂体は非常に重要な器官で、無数の血管と繋がっていて、成長ホルモンなどの重要なホルモン物質を体へ送り届ける司令役になっています。
例えば、副腎に刺激するホルモンを分泌し、副腎から副腎皮質ホルモンを出すように命令を送ってたりします。
副腎皮質ホルモンとは、ストレスから体を守ったり、体の炎症を予防する役目を担っています。
当然、ペニス増大に必要な成長ホルモンの分泌をコントロールしているのが脳下垂体です。
要は、脳下垂体は体にとってもペニスにとっても大事な器官であるということです。

脳下垂体が分泌する成長ホルモンとは?

成長ホルモンはその名の通り、体を育てるためのホルモンです。
子供のころに最も多く分泌されて18歳くらいで分泌量は落ちていくとされています。
成長ホルモンだけでなく、ホルモン物質の分泌と抑制をコントロールしているのは、脳下垂体の「視床下部(ししょうかぶ)」という器官です。
視床下部で異常が起こると巨人症や小人症になったりすると言われています。

また、脳下垂体で異常が起きると、ホルモン異常が起こり、臓器の異常をきたします。

副腎、腎臓、甲状腺、膀胱、睾丸、子宮、卵巣などなど。
これら重要な臓器の異常を検査すると、高い確率で脳下垂体に腫瘍が発見されるケースがあります。
それだけ重要な器官なのです。

さて、そんな脳下垂体は足の親指にツボがあります。
寝る前などに足の親指を刺激して脳下垂体から成長ホルモンが分泌されるようにしましょう。

でも脳下垂体を刺激するのはツボだけではありません。
サプリメントに含まれるオルニチンも脳下垂体を刺激します。

   (サイト内の別ページに移動します。)

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト