ちんこを大きくするマッサージ方法に必要な3つのコツ

ちんこを大きくするマッサージ

ちんこを大きくする方法として「マッサージ」があります。
しかし、そのマッサージにはある程度のコツがいります。
今日はちんこ増大用マッサージの3つのコツをお教えしましょう。

コツは環境とステップ

環境

さっそく、ちんこを大きくするマッサージのコツをお伝えします。

  • 体を温める
  • ちんこを温める
  • 3つのステップで行う

それぞれ詳しく解説していきましょう。

体を温める

まずマッサージをする前段階が重要です。
ちんこを大きくするマッサージは、ちんこやちんこ周りの血流を改善して、勃起しやすくし,ちんこを増大させるためのものです。

そもそも勃起とは、脳がエッチなことを感じると、全身の血液をちんこに集中させ、ちんこの海綿体細胞が血液を吸収して、海綿体が膨張して起こる現象です。
そのため、体全体の血液循環を活発にさせて、体全体を温める必要があります。

体全体を暖める最も効率的な方法はお風呂に入ることです。
なるべくなら、シャワーなどではなく湯船に浸かること。
これだけで体全体が温められ、血液の循環が良くなります。

ちんこを温める

お風呂の湯船に浸かった状態でも十分なのですが、さらにちんこを温めることでマッサージ効果を引き上げることができます。
40度くらいのお湯にタオルを浸からせて、そのタオルをちんこに優しく巻きつけます。
こうすることで、ちんことちんこ周りの血流が活発になり、マッサージの効果を上げてくれます。

3つのステップで行う

ちんこを大きくするマッサージの本番はここから。
マッサージ法は3つのステップで行います。
また、ちんこは勃起してない状態がベストですが、勃起していても問題ありません。

  1. 亀頭を持って体の前に向かって引っ張ります。痛みを感じない程度に優しく引っ張ってください。30秒引っ張ったら30秒休むを10セット繰り返しましょう。
  2. 亀頭を持ちながら上に30秒引っ張ります。その後下に30秒、右に30秒、左に30秒引っ張ります。これを5セット繰り返したら、10秒くらいかけて右回り、左回りにちんこを回します。無理せずゆっくりやるのがポイントです。これも左右5セット行います。
  3. 亀頭への血液を止めるように、亀頭の竿の境目のカリの部分を強く握ります。亀頭の色が変わってきたら一旦緩めます。強く握り過ぎないようにするのがポイントで、これも10セット行いましょう。

くれぐれもちんこを傷付けないように、痛みを感じたらすぐに止めるようにしましょう。

   (サイト内の別ページに移動します。)

ちんこを大きくする3つのポイント

大きくなる

そもそも、ちんこはどのように大きくなっていくのでしょう?
必要なポイントは3つあります。

  • 血流を改善する
  • 海綿体細胞を大きくする
  • 成長ホルモンを分泌させる

それぞれ詳しく説明します。

血流を改善する

勃起とは、脳がエッチなことを感じると、全身の血液をちんこに集めるよう命令が下ります。
ちんこに集まった血液を、ちんこの海綿体細胞が吸収することで海綿体が膨張して硬くなる、これが勃起という現象です。

ちんこを大きくするには勃起力を上げなくてはいけません。
そのため、ちんこに集まる血液量を増やさないといけません。
なので、ちんこに血液が集まるよう、血流を改善する必要があるのです。

海綿体細胞を大きくする

血流を改善してちんこに血液が集まるようになっても、その血液を吸収する海綿体が小さいままでは意味がありません。
要は血液が水で、海綿体がコップの関係です。
コップが小さいままではちんこを大きくすることはできません。

ではどうやって海綿体細胞を大きくするか?
それはマッサージやチントレなどで細胞を損傷させて、回復するのを待つしかありません。
細胞が回復する時、ある物質の助けが必要になります。

成長ホルモンを分泌させる

細胞が回復する時に必要になる物質が成長ホルモンです。
成長ホルモンとは、その名の通り、人が成長するために骨や筋肉、血液や細胞に働きかけるホルモン物質です。
成長ホルモンは細胞の成長にも作用しますが、ケガした時などは、皮膚や細胞を回復させるのに優先的に使われます。

そのため、海綿体細胞を損傷させ成長ホルモンの分泌を促進できれば、海綿体を大きくすることができるのです。


ちんこ増大マッサージではこれらの3つのポイントのうち2つしか満たしていません。

血流改善と海綿体細胞を大きくすることです。
海綿体を大きくするために必要な、成長ホルモンの分泌促進ができていません。
そのため、ちんこを大きくするマッサージ方法では、効果が表れるまで半年~1年以上かかってしまいます。

なぜそんなに時間がかかるのか?
その理由を明確にしていきましょう。

 

マッサージだけでは増大効果が遅い理由

遅い

ちんこ増大用のマッサージを行っても、実際に効果が出るのは半年以上先のこと。

なぜこんなに時間がかかるのかというと、細胞の回復スピードと、回復力を上げきれていないからです。

細胞の回復について、筋トレを例に説明します。
筋トレすると、負荷のかかった筋肉細胞(筋細胞)は損傷します。
損傷した細胞は24~48時間の休息を経て、以前の負荷に負けないよう、強く大きな細胞へと回復します。
この現象を医学界では細胞の「超回復」と呼んでいます。
トレーニングすることで筋肉が強くなるのは、この超回復のお陰なのです。

ただ筋トレも、筋トレだけだと筋細胞の超回復を十分に活かせてません。
そこで飲むのがプロテインなどのサプリメントです。
プロテインは細胞の回復スピードを上げて、回復した時の細胞をより強く大きくしてくれます。
だから、スポーツ選手やボディビルダーはプロテインを愛用しているんです。

ちんこ増大マッサージも、ちんこの海綿体細胞が損傷します。
海綿体細胞も一定の休息を経て強く大きく成長しますが、ちんこ増大マッサージや、ミルキング、ジェルキング、竿圧迫トレーニングなどのチントレはかかる負荷が弱いため、効果が出るのも遅くなるというワケです。

では強い負荷を与えれば良いのか、というと、それはNGです。
ちんこは非常にデリケートにできています。
強い負荷はちんこを痛めたり、後遺症を残す可能性があります。
そのため、強い負荷の与えすぎには注意しましょう。

 

ちんこ増大効果を早めるためには?

効果を早める

半年以上もちんこ増大マッサージを続ける自信がない。。。

と考えている方、私も同じです。
私もちんこ増大マッサージ、ミルキング、ジェルキング、竿圧迫トレーニングなどのチントレ、会陰や大赫などのツボ押し・・・様々な方法を試しましたが、結局1~2週間しか続けられませんでした。
効果が出るまでに時間がかかり過ぎるのと、お金をかけず無料でやっているため、あまり本気で取り組んでいたわけじゃないのだと思いました。

さて、マッサージのちんこ増大効果を早める方法ですが、筋トレ後にプロテインを飲むのと同様、マッサージ後にサプリメントを飲むしかありません。

サプリメントを飲めば、私の場合は3ヶ月で効果を実感できました。

サプリメントはちんこを大きくしてくれる効果に特化した「ちんこ増大サプリ」を選びましょう。

   (サイト内の別ページに移動します。)

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト