クラチャイダムVSトンカットアリ!精力回復対決の決着は?

クラチャイダム,トンカットアリ

今の精力剤に必ず配合されている成分といえば、「クラチャイダム」と「トンカットアリ」ではないでしょうか。
一昔前まではマカが主役でしたが、ここ5年くらいでこの2つの方が精力増強に効果的だと判明し、様々な精力剤に使われるようになりました。

でも、クラチャイダムとトンカットアリってどっちが優れてるんでしょう?
そこで今回は、クラチャイダムとトンカットアリの2つを比べ、どっちが精力増強に効果的なのかを検証してみました。

クラチャイダムとトンカットアリの違いは?

クラチャイダムもトンカットアリも、精力増強に効果があると知られていますが、その効果のほどは若干異なります。

クラチャイダムは精力増強に必須といわれているアミノ酸を豊富に含んでいます。

特に重要なのがアルギニンで、血流を改善させる効果があるので、勃起力をアップさせて精力を回復させてくれます。

そんなアルギニンの量が豊富のことで、有名になったのがクラチャイダムです。
一昔前まで精力回復の成分といえばマカでした。
マカがなぜ精力増強に効果があると言われていたのか、それはアルギニンの量が豊富だからです。

しかし、クラチャイダムはそんなマカの2.4倍ものアルギニンを含んでいます。
そのため、マカよりもクラチャイダムの方が注目を浴びるようになったのです。

一方のトンカットアリは男性ホルモンの成分である、テストステロンの分泌量が上がるという臨床データがあります。
テストステロンが増加すると、物事に対して積極的になったり、落ち込みにくくなったり、競争心が芽生えたり、筋力の増加などに効果があると言われています。

テストステロンは20代で分泌量が落ちていきます。
また、精力とも密接な関係があるため、トンカットアリが精力剤に含まれるようになりました。

では、クラチャイダムとトンカットアリでは、どちらが優れているのか?

単体で考えると、精力をアップさせるのはクラチャイダムです。
その理由はやはりアルギニン。

アルギニンは精力を回復させるのですが、その過程として血流を改善します。
血流は体全体の体調も変えていきます。
クラチャイダムを摂取することで、血流が改善すれば、体調が良くなり、体力も回復し、その結果として精力も回復します。

精力も体の健康あってのことなので、血流改善してくれるクラチャイダムが優れていると言えるでしょう。

   (サイト内の別ページに移動します。)

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト