3つの間違ったオナニーがEDや炎症を引き起こす原因に?!

オナニー

いくらチントレを頑張っても、間違ったオナニーを続けていると、重度のEDになる可能性があります。

今もし、軽度のEDに悩んでいるなら、それも間違ったオナニーのせいかもしれません。

間違ったオナニーを繰り返していると、EDだけではなく、以下のような症状を発症する可能性があります。

  • 早漏
  • 遅漏
  • 中折れ
  • 膣内射精障害(挿入してイケない症状)
  • 膀胱炎
  • 尿道炎

こんな症状に見舞われたんじゃ、精力減退で悩んでいる所ではありません。
ということで今回は、EDになる可能性のある間違ったオナニーを3つご紹介します。

強く握りすぎるオナニー

普通オナニーは片手でペニスを握って上下にしごく方法でやると思います。
ただ、気持ちが高ぶってくると、ついつい力が入って強く握っちゃう人もいると思います。

実はこれ、遅漏、または膣内射精障害、中折れの原因になります。

ペニスが強い刺激に慣れてしまうと、挿入時の刺激では物足りなくなり、なかなかイケなかったり、挿入ではイケなくなったりします。

正常位も数封続くと体力が持たなくなったりします。
すると、中折れして、パートナーはドン引き、空気はどんより、なんてことになってしまいます。

女性の膣のしまりが抜群に良ければいいですが、こればっかりは相性の問題なので、どうしようもありません。
強く握ってのオナニーは控えましょう。

半勃起でのオナニー

フル勃起してない状態でオナニーして、そのまま射精することです。
実は射精ってフル勃起してなくても、ある程度の刺激があれば射精に至ります。

オナニーの何が気持ちいいかって、やっぱり射精の瞬間ですよね。
その瞬間を味わうために、フル勃起してない状態で射精してしまう、そんな経験ありませんか?

実はこの半勃起でのオナニーを続けると、本番で勃たなくなる症状に陥ってしまうかもしれません。
勃起障害、勃起不全と呼ばれる、要はEDです。

オナニーする時、射精する瞬間は完全に勃起した状態でイクようにしましょう。

寸止めオナニー

早漏防止や射精をコントロールできるオナニーとして、イク瞬間にペニスの根元をギュッと握って寸止めする、いわゆる「寸止めオナニー」があります。

実はこの寸止めオナニーに、射精をコントロールする力や、早漏を治す効果はありません。
むしろ、膀胱炎、尿道炎を引き起こす可能性があります。

イク瞬間に寸止めしてしまうと、精液が逆流してしまいます。
逆流した精液は尿道や膀胱に溜まっていき、肥大化して炎症を起こすことがあります。

寸止めオナニーは結構危険なオナニーなので、今すぐ辞めたほうが良いです。

まとめ

オナニーは精力増強のためにも必要なことですし、オナニーはなるべく多くやるべきです。

実際、AV男優さんは撮影でイッた後も、自宅でオナニーしてる人がほとんどです。
また、オナニー自体、溜まったものを排出する生理現象であり、何一つ悪いことではありません。

ただ、間違ったオナニーはEDを引き起こしたり、SEXを楽しめなくしてしまいます。
心当たりがあれば今すぐやめましょう。

   (サイト内の別ページに移動します。)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト