ペニス増大に有効な食べ物は1日○gも食べないといけない?!

食べる量

ペニスを増大させるために、血流改善と成長ホルモンの分泌を促すことで可能になります。
これは日々の食事によっても改善可能です。

まずは、食事によってペニスを大きくすることができる食材を紹介しますが、食事でペニスを増大するのは、いかに効率が悪いかを知ってもらおうと思います。

豚レバー

レバーは鉄分が多く、貧血予防になると有名です。
鉄分が多いということは、血液を作る材料になります。
血液が増えれば、血流が改善されるため、ペニス増大に有効です。
さらに、豚のレバーは精子の元となる亜鉛、アミノ酸の吸収をサポートするビタミンA、B、Cが非常に豊富に含まれています。

車エビ

アミノ酸のアルギニンがペニス増大に有効なのはご存知ですか?
アルギニンは一酸化窒素を生成して血管を広げる作用があるので、血流が改善します。
そんなアルギニンを豊富に含んでいるのが車エビです。
しかし、値段が高いので毎日食べるのはちょっと難しいですね。

高野豆腐

大豆製品もアルギニンを豊富に含んでいます。
特に高野豆腐の含有量は高いです。
高野豆腐の他にも湯葉などもアルギニン含有量が高いので覚えておきましょう。

牡蠣

欧米ではセックスミネラルと呼ばれる亜鉛。
亜鉛は精子を作り出す原料になるほか、男性ホルモンのテストステロンの分泌を促進させるので、性欲が下がった時にもおすすめです。
で、そんな亜鉛を多く含むのが牡蠣で、牡蠣には炭水化物、タンパク質、脂肪といった3大栄養素を豊富に含んでいることから、ペニス増大にも有効であるとされています。
でも、牡蠣は季節ものだったり、価格が高いので、食べられる時期は限られそうです。

食事でペニス増大は効率が悪い?!

今まで紹介した食材は確かにペニス増大に有効な食材です。
しかし、ペニスを大きくするためにはどのくらいの量を食べないといけないか、お分かりですか?

例えば、ペニス増大に欠かせないアルギニン。

血流を改善するアルギニンですが、血流改善効果を発揮するには1日4000mgほど摂取するべきと言われています。
1日4000mgを先ほど紹介した食材で計算すると、

  • 車エビの場合:1日約200g
  • 豚レバーの場合:1日約300g
  • 高野豆腐の場合:1日約100g

とかなりの量を食べないといけません。

また、車エビや牡蠣は値段が高く、毎日食べるのは無理です。

では、どうすれば、効率よくペニス増大成分を摂取できるのか?
それはペニス増大サプリメントを摂取することです。

   (サイト内の別ページに移動します。)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト