下半身の血流にジャストミート!「築賓(ちくひん)」とは?!

下半身の血流に大いに改善してくれるのが「築賓(ちくひん)」というツボです。
下半身の血流・・・そう、精力や勃起力に大いに関係のあるツボです。
精力増強の他にも、立ち仕事や営業周りで足がパンパン、そんな時に押すと、脚のむくみ解消につながる嬉しいツボでもあります。

場所
足のふくらはぎの内側にあります。
膝とくるぶしを直線で結び3等分し、くるぶしから1/3に所にあります。
骨とアキレス腱の中間に築賓があります。
よく分からない時は、その付近を押すだけでも効果的です。

02_13_chikuhin

押し方
かなり強めに押してもOKです。
親指の腹で築賓のあたりを5秒ほど、グッグッと押します。
5秒たったら離して、5秒休憩、その後また5秒押すを繰り返します。
一度に10回を目安に行うと効果が出るでしょう。

「築賓(ちくひん)」には精力増強や、脚のむくみに効くほか、乗り物酔いにも効果があります。

長距離の車や飛行機などでの移動前に押すのも効果的ですよ。
この築賓はグッグッと押す以外にも、内ふくらはぎの筋肉を大きく掴んで、後ろへ引っ張ったりしてもいいです。
その際、筋肉を揺らしながらマッサージすると効果倍増です。
あと、足がつった場合にもこのツボは有効ですので、覚えておくと良いでしょう。

築賓はデトックス効果も!

最近何かと話題のデトックス。
体の中の毒素を体外に排出して、健康になろう!というもの。
築賓の別名は「解毒の名灸穴」として知られており、鍼灸業界では「築賓の解毒」効果を知らない人はいないと言われています。

鍼灸師の間でツボは「穴の凹」と「凝りの凸」という呼び方が使われています。
特に「凝りの凸」は、体の毒素が溜まってできていると言われています。

築賓も「凝りの凸」に分類されるツボです。

薬を常用している人、食品添加物を食べることが多い人、このような方は特に築賓が硬くなっています。
築賓を触ってみて、硬くなっている人は要注意ですので、今からでもほぐしてあげましょう。

築賓のデトックス(解毒)効果で体の毒素を抜いてあげましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト