ワナ靭帯を伸ばして埋もれてるチンコを引っ張りだそう!

ワナ靭帯

ワナ靭帯とはチンコと恥骨を固定している靭帯になります。
チンコというのは見えている部分が全てではありません。
チンコはその根本から肛門付近まで伸びているんです。
この体内に埋もれているチンコと恥骨を固定しているのがワナ靭帯になります。
ワナ靭帯がないとチンコは体内に留まることができず、ポロッと落っこちてしまいます。

このワナ靭帯を緩めることで体内に埋もれているチンコを外に引っ張り出し、チンコを長くすることが可能です。
クリニックで行われている長茎術は、この原理を利用しています。

「でも手術は受けたくないな・・・」と思っている方!

ワナ靭帯を緩めることはチントレでも可能です。
その方法をご紹介しましょう。

ワナ靭帯を緩める「埋没チンコ引っ張りトレーニング」

ワナ靭帯引っ張りトレーニング

ワナ靭帯を緩めて体内に埋没しているチンコを引っ張り出し、チンコを長くするには「埋没チンコ引っ張りトレーニング」が有効です。
やり方は超簡単。

  1. 片方の手で睾丸をまとめて握ります。
  2. 逆の方の手でチンコのカリに近い部分を握ります。
  3. チンコと睾丸を握った手を、お腹の方にグッと持ち上げます。
  4. チンコを握った手でチンコを引っ張るように伸ばします。
  5. この状態を30秒間キープします。
  6. 1~5を3セット繰り返します。

この方法が「埋没チンコ引っ張りトレーニング」です。
このトレーニングによって、恥骨とチンコを固定しているワナ靭帯を柔軟にし伸ばして緩める効果があります。
その結果、体内に埋もれているチンコを引っ張り出すことができ、チンコを伸ばすことができます。

チンコにとってワナ靭帯は大切な部位

大切

今までの説明で「ワナ靭帯って必要なの?」って思った方もいると思います。
ワナ靭帯は確かに、体内に埋もれているチンコと恥骨の間に存在する靭帯のことで、チンコと恥骨をガッチリとくっつけているものです。
このワナ靭帯がないとチンコがポロッと外に落っこちちゃいます。
なので、ワナ靭帯は必要な存在です。

そんなワナ靭帯を柔軟にして引っ張りだし、チンコを長くする「埋没チンコ引っ張りトレーニング」ですが、普通のチントレと比べてちょっと危険です。
ワナ靭帯は靭帯です。
よくスポーツで「靭帯損傷」や「靭帯断裂」などの言葉を耳にすると思いますが、靭帯が損傷したり、切れたりすると大変です。

なので、思いっきり引っ張ったり、勢いをつけて引っ張ると靭帯を痛める可能性があります。

しかし、時間をかけゆっくり弱い力で行えば、靭帯を痛めることはありません。

「埋没チンコ引っ張りトレーニング」をやる場合は、痛みを感じたらすぐに止めてください。
大事なチンコですので。

埋没チンコ引っ張りトレーニングの効果をより高めるには?

効果

「埋没チンコ引っ張りトレーニング」はチンコを長くするには有効な手段です。
しかし、チンコが長くなるまでには半年以上、平均して1年くらいの継続が必要です。
靭帯を伸ばすトレーニングですが、弱い力で行わないと靭帯を痛めるため、弱い力でゆっくり継続的に行わないといけません。
そのため、効果が出るまでに長い時間を要します。

「そんなに時間をかけずに長くしたい!」

そう思われている人は必見です。

「埋没チンコ引っ張りトレーニング」と一緒に、増大サプリを飲みましょう。

「埋没チンコ引っ張りトレーニング」はチンコを引っ張ることで、靭帯を緩めるとともに、チンコの海綿体という細胞も損傷させます。
損傷した海綿体細胞はかかった負荷に負けないよう、強く大きく成長して回復しますが、この回復の過程をサポートするのが増大サプリです。

「埋没チンコ引っ張りトレーニング」をして増大サプリを飲めば、チンコ全体の海綿体細胞の成長を促進できるので、長くなるのも促せますし、チンコを太くすることもできます。
「埋没チンコ引っ張りトレーニング」が筋トレなら、増大サプリはプロテインの関係に当たります。
トレーニングの効果をより高めるにはサプリメントが重要な役割を果たすのです。

 

   (サイト内の別ページに移動します。)

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト