おしりのほっぺの「会陽(えよう)」で精力を得よう!

お尻には長強と並んで精力に絶大な効果のあるツボ「会陽(えよう)」があります。
会陽は長強の左右両側に存在するツボです。
長強と同じように痔に効果的です。
また、尿漏れや脱肛に効果がある他、ED、勃起障害にも効果のあるツボです。

場所
お尻のほっぺの部分にあります。
尾骨の先っぽと肛門の間にあるのが長強のツボですが、そこから指1本分(約1cm)横にずれた所に会陽があります。
左右両方に存在します。

02_17_eyou

押し方
この会陽も長強と同じで自分で押すには難しい場所にあります。
パートナーに押してもらいましょう。
押してもらう方は、軽く足を開いてうつ伏せに寝ます。
押す方の人は、尾てい骨から1cmくらい横の会陽の位置に両手の親指を置き、5秒間、体の中心に向かって押していきます。
5秒かけてゆっくり離し、また5秒押す、この繰り返しを10回ほど行います。
ジワーとツボの当たりが暖かくなってきたらOKです。
自分でやる場合は、長強と同じで温水シャワー方法が有効です。
40度位の温水シャワーを1分、会陽の場所に当て、冷水シャワーを3秒位当てる、を繰り返して下さい。

「会陽(えよう)」とは「会陰(えいん)」を前、会陽を後ろとして、足の太陽膀胱経と督脈の陽経が交会(交差)する場所なのでこの名前が付けられています。

まず、会陰とは肛門と金玉袋の間にあるツボです。
ここも精力絶大に効果的なツボなので、今度紹介しましょう。
足の太陽膀胱経とは、東洋医学の理論に「経絡」という考え方があります。
簡単に言うと、体に流れる血液や気の流れを結んだ経絡とでも言いましょうか、体の生命活動を司る重要なものと考えられています。
そんな経絡の一つに足の太陽膀胱経というものがあます。
また、督脈とは陽経を統率している経絡の一つで、陽経(膀胱、小腸、大腸、胃、三焦、胆)に流れている気血を調節しています。

会陽は精力アップに絶大!

上の説明のように、会陽は精力に大きく関わる重要なツボです。
膀胱経という精力の経絡にも関係しているツボです。

効果的な指圧方法をもう一つお教えしましょう。
それはボールを使うこと。
ゴルフボール、テニスボール、ギリギリ野球のボールでもOKでしょう。

2つボールを用意してその上に座ります。
会陽が刺激されるように、上に座ってグリグリ円を描くように動いてみましょう。

この方法かなり刺激的で効果的です。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト