モテホルモン・テストステロンを増やす「ネギ類」はこの3つ!

「テストステロン」という名前を聞いたことがあるでしょうか?
テストステロンとは男性ホルモンの一種で、男の場合、睾丸(精巣)で作られ分泌しています。
テストステロンには男を男にするための効果があり、例えば、性欲の増進、ペニスの発達、ヒゲや体毛の成長を助けたり、筋肉が成長するためにも働いています。
このテストステロンは、別名がありその名も「モテフェロモン」。
女性を惹きつける効果があるそうです。

05_19_teststeron

テストステロンを多く含むネギ類

テストステロンの値を高めるために有効な食べ物は「ネギ類」です。

長ネギ、玉ねぎ、ニンニクが効果的です。

特に玉ねぎにはケセルチンという成分が入っていて、テストステロンを体外に放出するのを抑えてくれる効果があります。
モテフェロモンを出したいなら、毎日玉ねぎを半個程度取るといいでしょう。

その他にもテストステロンを高める食材は色々とありまして、牡蠣や牛肉、鶏肉、卵などがあります。

また、ブロッコリーやキャベツには女性ホルモンの働きを抑えてくれる効果があり、テストステロンを上げ、女性ホルモンを抑えればより男らしくなれるでしょう。

テストステロンの作用と注意点

テストステロンには男らしく成長させてくれる効果の他にも色々な働きがあります。

  • 快楽を増加させる
  • やる気をあげる
  • 筋肉を成長させる
  • 体毛を生やす
  • 闘争心を上げる
  • 鈍痛になる
  • 高血圧、高血糖の予防

などなど

ここに上げたのはほんの一部です。
逆にテストステロンが減少してしまうと、内臓脂肪が増えたり、更年期障害に襲われたり、やる気がでない、体調不良などを起こします。
テストステロンを上げるには食事もいいですが、何より睡眠が大事です。
睡眠時間が短い人は多い人よりテストステロンの値が低いことが分かっています。

また、毎日の生活習慣も大事なので、睡眠時間を規則的に取り、お風呂はぬるま湯にゆっくり浸かる、ストレスを溜めないように適度な運動やストレス発散を行うことで、テストステロンは増えていきます。

「最近だるいなー」なんて思っている人は、テストステロン値が下がっているかもしれません。
生活習慣を見直してみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト