疲れが溜まってるなら「陰陵泉(いんりょうせん)」が効果的!

枝豆、刺し身、唐揚げをビールに焼酎、日本酒で乾杯!
「飲み過ぎたなー、う~、二日酔い、ゲッ、下痢してる」なんてことありますよね。
下痢は飲み過ぎ食べ過ぎだけで起こるわけではありません。
胃が疲れている時、胃が冷えている時に起こります。
そんな時に効果のあるツボが「陰陵泉(いんりょうせん)」というツボです。

場所
膝の下、10cmくらいの所にあります。
探し方は、まず手で足首を握って下さい。
膝の方に動かしていくと、親指がスネの出っ張った骨にぶつかると思います。
その場所が陰陵泉のツボになります。

02_20_inryousen

押し方
親指で陰陵泉の部分を強めに指圧します。
骨の内側に向かって押していくのが効果的です。

「陰陵泉(いんりょうせん)」には下痢の他にも、顔のむくみ解消にも効果的なツボです。

下痢にしてもむくみにしても、体内に余分な水分があることで起きます。
そんな余分な水分を排出してくれるのが陰陵泉です。
前の日に飲み過ぎて、顔がパンパンになってる!などといった症状がある人にはオススメのツボ。
他にも、消化不良やペニスの症状全般にも効果があるそうです。

疲れを取るには陰陵泉と増大サプリが有効です。
私のツボ押しと増大サプリの体験談は下記のページでまとめています。

   (サイト内の別ページに移動します。)

下痢のとむくみの解消法に陰陵泉

下痢やむくみの改善に陰陵泉が効くことは説明しましたが、陰陵泉以外での下痢とむくみ解消法をお教えしましょう。

まず、下痢ですが、夏場は特にかかる人が多いです。
というのも、胃が冷えた状態になると下痢をしやすいです。

夏場は特に汗をかき、冷たいものを取ります。
そのためお腹が冷えやすいのです。

下痢をしたら陰陵泉を押すことと、食事制限をすることが効果的です。
腹八分で抑えて、りんご、キウイ、梅、きくらげなどの食材は、食べることで下痢を解消できる効果があります。

さらに、むくみですが、陰陵泉の場所を押して痛みがあると、余分な水分が溜まっている証拠で、むくみが起きている可能性が高いです。
そんな時はお酒の休肝日を作る、うつ伏せで寝ている人は仰向けで寝てみる、といった方法を実践するとむくみ解消になります。

一度実践してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト