足のダルさには「曲泉(きょくせん)」をお灸で温めよう!

膝の内側にある「曲泉(きょくせん)」というツボが足の血行、下半身の血行促進に有効です。
足がだるい、疲れが抜けない、二日酔いのむくみ、これらの症状に曲泉が効きます。
体内の水分量や血液量の循環を整えてくれるので、二日酔い時の下痢にも効果を発揮します。
他にも、頻尿などの症状がある場合も、曲泉を指圧することで体内の水分量は調整されるので、尿意が收まることもあります。

場所
膝を曲げた時にできるシワ、そのシワの膝裏に近いところで、少しへこんだ所が曲泉の場所になります。
膝の内側にある関節のちょうど真ん中あたりです。

02_21_kyokusen

押し方
膝を伸ばした状態で押します。
膝のお皿を両手で覆うようにして、膝のお皿を握ります。
親指が膝の内側のくぼみ(曲泉)に当たるので、曲泉を垂直に押していきます。
ゆっくりグッグッと痛気持ち良いぐらいの加減で押しましょう。

「曲泉(きょくせん)」とは、気が泉のように出るツボという意味を表しています。

気の流れを整えたり、体の不調、特に下半身の不調を改善してくれるツボです。
膝の痛みやスネの痛み、脚のむくみ、足のダルさ、太ももの痛みなどの症状がある人は曲泉を試してみてください。
更に、膀胱炎や尿道炎によって、頻尿、排尿痛、夜尿症、ペニスのかゆみ等にも効果があると言われています。

曲泉をお灸で温めてみよう

お灸って使ったことあります?
私は今までなかったんですが、つい最近初体験しました。
あまり使ったことない人も多いと思いますので、ちょっとした知識として家庭用お灸の使い方をお教えしましょう。

  1. お灸の台座の裏にあるシールを剥がして、もぐさの部分に火を点けます。
  2. 曲泉などのツボにお灸を乗せます。(この時、そっとおいて下さい。)
  3. 熱い!と感じたらお灸を終わります。熱さを感じないようであれば弱っている証拠なので、もぐさが燃え尽きるまで待ちます。

いかがですか?
意外と簡単でしょ?
家庭用のお灸ってドラッグストア等で簡単に手に入るので、興味があったら試してみてください。
結構気持ちいいですよ。

精力がないなー、勃起が弱くなったなー、など精力に関して悩みは尽きないと思います。

しかし、精力や性欲、勃起力は、体が健康であってこそ、正常な勃起をします。

体に何かしら異常がある人は色々なツボを指圧して体の健康を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト