履くだけで増大?!バイオバイタル(ビガーパンツ)の実力とは?

「バイオバイタルトランクス」は、履くだけで継続して包茎矯正ができるので、愛用している方が多い商品ですね。
履き始めてから1~3ヶ月くらいで効果が出るものではないですが、気長に履き続けて半年くらいで剥けてくるようですね。

リングを継続的に着けることで、仮性包茎の状態から剥けている状態にクセをつけます。

日を追うごとに剥けやすくなり、何かの拍子で被ってしまってもすぐに剥けた状態になるようです。
しかし、真性包茎や包皮輪狭窄(ほうひりんきょうさく(カントン包茎に似た症状))の方には使えません。

01_27_biovital

バイオバイタルトランクスの特徴

バイオバイタルトランクスは立体的な裁断、縫製でペニスが蒸れないので、履き心地が良く使いやすいというコメントが寄せられています。
デザインも普通の下着と変わらないので、パッと見では包茎矯正器具を着けているということがバレる心配がないので、続けやすいという点が好評なようです。

昔からあった「ビガーパンツ」に細かい改良を重ねて、性能がアップしたのが「バイオバイタルパンツ」です。
好みに合わせて、トランクスタイプとブリーフタイプと選ぶことができます。

バイオバイタルトランクスのメリット、デメリットは?

亀頭と摩擦する部分には、バイオセラミック麻布地が使われています。

このバイオセラミック麻布地には、通気性が高いので、精子の状態を適温でベストに保てるという効果だけでなく、遠赤外線を発生することで血行を改善させる効果があるので、仮性包茎の改善だけでなく、勃起力アップや早漏防止にも役立ちます。

パンツについているリングにペニスを通し、常に亀頭を露出した状態にすることで矯正をするのですが、リングはストラップで移動できるので、自分のベストポジションに調整することができる点が優れています。

しかし、調整が上手くできないと皮膚が引っ張られ過ぎてしまい、痛い場合がありますので、慣れるまで様子を見ながら使用するのがおすすめです。
また用を足すときに少々面倒だったりもします。

また人によってはバイオセラミック麻布地で皮膚がかぶれる場合があるそうなので、様子がおかしいと感じたらすぐに使用を中止してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト