亀頭増大手術で注入するスーパーヒアルロン酸って何?

亀頭増大に用いられる注入剤の1つに「スーパーヒアルロン酸」というものがあります。
以前は亀頭増大手術で使用される注射剤として一般的なものでしたが、最近はスーパーヒアルロン酸を使用するクリニックは少なくなってきているようです。

スーパーヒアルロン酸はSUB-Qと呼ばれることもありますが、正式名称を「ダーマライブ」と言い、通常のヒアルロン酸にポリメチルメタクリレートという、アクリルガラスの主原料を30%加えたものです。
通常のヒアルロン酸よりも粒子が大きいのが特徴です。

通常のヒアルロン酸の効果は半年から1年です。
それ以降はもとの大きさに戻ってしまいます。

一方スーパーヒアルロン酸の効果は2年程度と随分長くなっています。

スーパーヒアルロン酸を注入後、ヒアルロン酸は少しずづ体内に吸収され、最終的にポリメチルメタクリレートが分解されずに亀頭に残り、線維芽細胞を刺激しコラーゲンを産生させ、ボリューム感を維持しますので、元の大きさに戻ることはありません。

ヒアルロン酸の効果は期間が限定的ですが、メリットとしてはヒアルロン酸の持つ保湿効果により、亀頭の細胞が若返る、天然の成分なのでアレルギーなどの拒否反応の心配がないなどがあります。
しかし後に体内に残る物質のポリメチルメタクリレートには、まれにアレルギー反応がおきたり、表面がデコボコになったりして、見た目が悪くなる場合があります。

04_26_superhiaruronsan

スーパーヒアルロン酸とアクアミドの違い

スーパーヒアルロン酸に代わり最近増えてきているのが、アクアミドを使った手術です。
アクアミドは人工物の割合が非常に低いので、アレルギーの心配も少なくなります。

ただ費用が一般的に、スーパーヒアルロン酸の約1.5倍ほど高くなります。

もし、アレルギー反応が心配であれば通常のヒアルロン酸や、コラーゲンなどを選び、定期的にメンテナンスに通うのがおすすめです。
注射剤は色々な種類があり、効果の出方、アレルギー、価格帯など様々ですので、カウンセリングをしっかり受けて選ぶと良いでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト