肩こりと細胞の若返りに効果あり「天りょう(てんりょう)」とは?!

細胞を若返らせてくれるツボとして「天りょう(天髎:てんりょう)」があります。
肩のあたりにあるツボなので、首の痛み、肩こり、肩の痛みにも当然効果があります。
また、筋肉をゆるめて、関節の動きを滑らかにしてくれる作用があると言われています。

そんな天りょうはDNAを若返らせてくれるツボしても有名です。
なので、アンチエイジングにも効果的なツボなのです。

場所
両肩の後ろ側、肩甲骨の上にあります。
首の後ろ側にある付け根と、肩の先端を直線で結んだ時に、線の真ん中から指2本分下がった所にへこんだ場所があります。
そこが天りょうの場所です。

02_28_tenryou

押し方
中指と人差し指で天りょう付近をゆっくり回し揉むようにして押していきます。
他にも、床にボール(ゴルフボールが丁度いいです)を2個置いて、その上に寝転び、ゴロゴロと動いて指圧するのも効果があります。

天りょうのアンチエイジング効果

天りょうには細胞を若返らせる効果があります。
天りょうを押すとβエンドルフィンというホルモンを分泌します。

このβエンドルフィンは老化の原因となる活性酸素を抑制する抗酸化作用があり、血管を拡張し、血流を改善してくれます。

また、βエンドルフィンは脳内の神経伝達物質で、脳の活動を活発にし、ポジティブに考えられるようにしてくれます。
他にも集中力が高まったり、忍耐力が強くなったり、思考力・記憶力の機能向上に役立っているとされています。
天りょうを押してβエンドルフィンを出しちゃいましょう。

肩の荷を下ろすとリラックスできます

よく「肩の荷が下りる」と表現しますが、これはある意味、肩こり、肩のシコリが取れることによって安定した精神状態になれた、という意味でも解釈できます。
肩こりなどがなくなれば、感情が落ち着き、気分が良くなるため、精神的に安定できます。

天りゅうを押すことによってリラックス状態になれば、肩の荷も自然と下ろすことができるでしょう。

しかし、やるべきことが残っている時に下ろすのはマズイですのでご注意を。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト