あの小林製薬が送り出す「エディケア」の成分を徹底解説!

東証一部上場の超一流企業小林製薬。
アンメルツやブルーレット、消臭元、熱さまシートなどなど医薬品のヒット作を世に次々と出しています。
そんな小林製薬が製造販売している精力剤が「エディケア」です。
メインの成分はアルギニンとピクノジェノールというもの。
この2つの力が弱った精力を回復させ、男の活力を呼び戻してくれます。

03_28_edicare

エディケアの成分紹介

エディケアの成分を見ていきましょう。

  • ピクノジェノール
  • アルギニン
  • アスパラギン酸ナトリウム
  • 麦芽糖
  • 結晶セルロース
  • ステアリン酸カルシウム
  • 酸化ケイ素

小林製薬の開発者によるとピクノジェノールとアルギニンの組み合わせが活力回復の鍵だそうです。
この2つの組み合わせはアメリカの特許技術で、「PRELOX」という商品が発売されていて、全世界で35カ国、250万個の販売実績がある商品です。
小林製薬の「エディケア」をPRELOXの改良版というところでしょうか。

プチ情報ですが、小林製薬の公式サイトで購入すれば半額の6,000円で購入可能ですよ。

ピクノジェノールは松の木からの贈り物

ピクノジェノール、この言葉を聞いたことがある人は相当のサプリメントフリークですね。
ピクノジェノールは別名「フラバンジェノール」とも呼ばれていて、フランスのボルドー地方からピレネー山脈間の大西洋岸に生息している、「フランス海岸松」という松の樹脂から抽出した抗酸化物質になります。
ピクノジェノールはヨーロッパ・アメリカで、今最も注目を集めている健康成分です。

ピクノジェノールには40種類以上の天然有機酸が含まれており、特に「OPC」というポリフェノールグループは最強の抗酸化物質の呼び声もあります。

ちなみにOPCとは「Oligomeric(オリゴメリック)」と「Proantho(プロアンソ)」と「Cyanidin(シアニジン)」の頭文字を取ったものです。

そんなOPCを含むピクノジェノールは、ビタミンCの約20倍、ビタミンEの約50倍もの抗酸化能力があるという研究結果があります。

アンチエイジング効果はもちろん、血管を守る役割や、皮膚の老化防止、炎症の予防、ガンや心臓病、脳血栓などの発症率を下げてくれる効果もあります。

さらにはアトピーや花粉症、アレルギーの改善、関節症にも有効と言われています。

正に最強の抗酸化物質ピクノジェノール。

そんなピクノジェノールを含んだ小林製薬の「エディケア」。
気になったからは要チェックです。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト