埋没陰茎長茎手術ってどんな手術?

ペニスを長くする手術の一つに「埋没陰茎長茎手術」というものがあります。
この手術はペニスを支えている人体を引き出して、ペニスを長くする手術になります。

その手術の全容と特徴、料金、メリットとデメリットなどをご紹介しましょう。

埋没陰茎長茎手術の手術方法

1、ペニスの根本に局所麻酔をします。
(クリニックによっては全身麻酔で施術してくれる所もあります。)

2、麻酔が効いたのを確認し、ペニスの付け根を約2cm切ります。
(クリニックによっては切らずに、ペニスの根本に針を通して行う施術もあります。)

3、下腹部にあるペニスを固定している靭帯とペニス自身を外に引き出して固定します。

4、縫合して終了です。

手術時間は30分から60分といった所です。
入院の必要はありませんが、手術後4~5日はお風呂に入れません。
術後1週間たったら抜糸をします。
スポーツなどの激しい運動、飲酒は1週間はしないほうがいいでしょう。
また、性行為は2週間以上は控えなければなりません。

埋没陰茎長茎手術の費用相場

大体15万円~30万円くらいです。
主なクリニックを例に上げると

・ヒルズタワークリニック
切らない長茎術:15万円

・青山セレスクリニック
埋没陰茎長茎手術:20万円~35万円

・ABCクリニック
切らない術式:15万円
埋没部露出術:30万円

切らない手術の方が割安になっています。

埋没陰茎長茎手術のメリットとデメリット

04_02_maibotu

<メリット>
ペニスが2~5cm必ず長くなる
傷は陰毛に隠れるので、手術痕は目立たない
効果は永久的
<デメリット>
長くはなるが、太くはならない
陰毛で目立たないが、手術痕が残る
切って縫合した箇所に陰毛が生えてこなくなる
飲酒・スポーツは1週間できない
性行為は1ヶ月できない

デメリットのほうが大きい気がします。
しかし、1ヶ月の禁欲生活で2~5cmペニスが長くなるのはうれしいですよね。
特に努力もいらないですし。

このように埋没陰茎長茎手術はほとんどのクリニックで施術されている、昔からある増大手術の一つです。
手術をお考えの人はじっくり吟味して下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト