精力料理じゃがいもの「アッシ・パルマンティエ」を作ろう!

今回は趣向を変えて、彼女(奥さん)に作ってあげたい、オシャレ精力アップ料理を紹介します。

「こんな料理できるだぁ。すごぉい。」なんて言われたら、彼女の夜のサービスアップ間違いなしですよ。

今回はじゃがいもを使った「アッシ・パルマンティエ」。
じゃがいもは炭水化物が主成分なので、エネルギーに変換されるのが早く、精力に直結します。
で、このアッシ・パルマンティエ、フランスの家庭料理の一つで、「アッシ」が細かくという意味、「パルマンティエ」がじゃがいも料理のことで、簡単に言うと「じゃがいもグラタン」のような料理です。

それでは、アッシ・パルマンティエの作り方を紹介しましょう。

05_31_asshi

アッシ・パルマンティエの作り方

食材の分量は2人前です。

  • じゃがいも:500g
  • 牛乳:200ml
  • 玉ねぎ:1/2個
  • エシャロット:1本
  • パセリ:2本
  • 豚挽き肉:200g
  • 卵:2個
  • コショウ
  • ナツメグ
  • バター

  1. じゃがいもの皮を剥いて水にさらします。
  2. 水に15分つけたら、柔らかくなるまで茹でます。
  3. 茹でたじゃがいもを木ベラやスプーンで潰します。
  4. 3に牛乳、バター、塩、コショウ、ナツメグを入れて混ぜます。
  5. ボウルにみじん切りした玉ねぎ、豚挽き肉、エシャロット、パン粉、卵2個、パセリ、塩、コショウ、ナツメグを入れて混ぜます。
  6. グラタン用の器などに4を半分入れ、その上に5を敷き詰め、さらにその上に4の半分を乗せます。
  7. 卵黄と牛乳を混ぜたものを6の表面に塗ります。
  8. 7をオーブンに入れて220度で1時間ほど焼きます。
  9. 1時間たったら出来上がり。

ちょっと本格的な料理です。

ポイントは1時間のオーブンでの焼きの間、表面に焦げ目がついたらアルミホイルで覆ってあげます。

こうすると、焦げ過ぎを防いでくれます。

最近は料理できる男がモテます。
速水もこみちさんとか、向井理さんとか。
ここまでイケメンで料理上手だったら、モテて当たり前な感じですが、料理上手は絶対にモテます。

男性の趣味で好印象のものは?のアンケートで料理はダントツ1位なんです。

このアンケートについては別の機会に詳しく紹介しましょう。

これからもちょっとこだわった男料理を紹介していきますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト